言葉を大切にする翻訳を重視。適正料金とスピードに満足!

2017/07/07 | Posted by admin in 採用事例 - (コメントは受け付けていません。)

導入事例– 株式会社グレイスプラス

オーストラリア企業の総代理店となり、国内で製品を独占販売!

株式会社グレイスプラスさま株式会社グレイスプラスのメイン事業は、『SIMPLY+』というブランドで展開するコスメの製造と販売です。

2016 年の春にスタートしたこのブランドは、独自のエキスを使用したナチュラルオーガニックで、エイジングケアにも力を入れているため、すべての年齢層に支持をいただいているそうです。

このエキスは、オーストラリアでしか採れない植物から抽出したもので、現在、株式会社グレイスプラスは同製品を日本で独占的に取り扱う総代理店となっています。

メールのやり取りを迅速かつ確実に行うために「スピード翻訳 by GMO」のご利用を始められたという社長の工藤由美さま。言葉を非常に大切にされる経歴をお持ちだということですが、サービスを使ってどのような感想をお持ちなのでしょうか?今回はお時間を割いていただき、ご意見をお伺いしました。

株式会社グレイスプラスが海外との取り引きを始められた経緯を教えてください。

株式会社グレイスプラスさま当社が海外との取り引きを始めたのは 3 年前からです。当時はオーストラリア総領事館に間に入ってもらい仕事を進めておりました。特にそれほど急ぎの翻訳のニーズは発生しなかったことと、私自身が英語を得意としていたため、現地の方との打合せなどにはそれほど問題はありませんでした。
そんな中、ショップチャンネルに当社ブランドの商品を出し、ある程度の実績が残せたので、原料の仕入れ先から 「 直接取り引きをしましょう 」 というお声がけが入り、最終的には 「 総代理店をやって欲しい 」 とのご要望までいただくことになりました。

現在、主力として展開しているブランド『SIMPLY+』の製品には、オーストラリアにだけ生息するセンチペダクンオーストラリアニンガミーから独自の技術で抽出した植物科学エイジングケアエキス 「 プラントリン 」 が配合されています。
このエキスは、オーストラリアの先住民アボリジニが肌に付けたり、お茶として飲んでいた歴史があり、オーストラリア政府や国立西シドニー大学の博士が着目していたものでもあります。この 「 プラントリン 」 を製造販売する BAX 社の日本総代理店となったのです。

「スピード翻訳 by GMO」を導入した経緯を教えてください。

仕事を進めていくと、専門的な用語を含んだメールのやり取りが始まり、急いで返事を返したいことが増えるなど、これまでとは違う点が増えてきました。

また、日本語ではきちんとした話し方や文章を書けたとしても、自分が英語にした言葉が、相手に対して失礼ではないだろうかということが気になってきました。なぜなら、当社の事業のひとつにマナー講師のビジネスもありますので、言葉遣いにはより気を付けていたいという想いがあったためです。

また、私はこの事業を始める以前、大分放送で 24 年間アナウンサーとして勤務していました。言葉遣いに対して非常に敏感な職業であったため、これから始まる新しい事業において、英語でもしっかりとした敬語で、複雑な用語も正しく把握して専門家に文章を書いてもらわないと、私の本意が伝わらないのではないかと心配になってきたのです。

株式会社グレイスプラスさま最初は、ポータルサイトなどにある翻訳機能を使ってみましたが、訳文を確認したところ、自分自身で書いたほうがまだ良いのでは?と思えるレベルだったので、やはりプロが在籍する翻訳サイトを利用しなければという考えにたどり着きました。

こちらに依頼する前は他の翻訳会社さんのサービスを利用しました。そこは値段もそれほど安くはなかったのですが、できあがった商品説明の訳文を当社のクライアントさまにチェックしていただいた時に、 「 英語になっていない 」 など指摘を受け、大変な思いをしました。

その後、改めてインターネットの検索から「スピード翻訳 by GMO」に出会いました。

当社はネット販売も行っており、決済の面で GMO イプシロンにお世話になっていたため、 GMO グループに対して良いイメージがありましたので、導入まで時間はかかりませんでした。

「スピード翻訳 by GMO」のサービスにご満足いただけていますか。

「スピード翻訳 by GMO」の料金は適正だと思っています。安ければ安いにこしたことはないのですが、私の場合は「この文言は専門的で英語に精通した人でないと書けない」と感じた部分だけ翻訳をお願いすることにしています。

挨拶文などは自分で訳して、中身の濃いところだけをお願いしているので、トータルで考えると料金が高いと感じたことはありません。

そして何よりも、翻訳に要する時間が短いのが魅力です。短い文章ですと 30 分以内には返ってくることもありますし、長くてもせいぜい 2 時間くらいで完了します。特急で頼んだことはまだありませんが、いま利用させていただいているサービスは料金も時間も想定範囲内のため、満足しています。

「スピード翻訳 by GMO」に対して不満などがあれば教えてください。

少し気になる点としては、依頼の都度、翻訳者が変わることがあるので、私のお客さまからすると、この前まではすごく丁寧な文章だったのに今回はずいぶんとラフになったとか、私ではわからないレベルで文章表現が変わっているのではないか、ということです。

特に、女性と男性では書く文章表現も異なるため、顕著に表れるのではないのかと感じていました。

ただ、その不安が払拭されるであろう、指名翻訳サービスというものを知ったので、次回はサービスの詳細や依頼方法などを確認して、是非試してみようと思います。

「スピード翻訳 by GMO」に、今後期待することは。

株式会社グレイスプラスさま私はもともと、言葉を大事にする仕事に就いていました。「スピード翻訳 by GMO」もその気持ちを大切にして、私が使っている言葉がそのまま相手に伝わるような翻訳をお願いできればと思います。

日本はおもてなしの国なので、今後もそのおもてなしの心がきちんと伝わるような翻訳をしてくださるサービスであって欲しいです。ビジネスを進めるにあたり、契約が成約するのもしないのも、言葉は大きなポイントになります。きちんと言葉が相手に伝わっているかどうかが鍵になるので、気持ちや礼節がしっかりと翻訳できるようなサービスを期待しています。


新規会員登録で 10% 割引クーポンをプレゼント!

2017/06/02 | Posted by admin in お知らせ | サービス全般 - (コメントは受け付けていません。)
スピード翻訳 by GMO : お得なクーポンプレゼント - 10% OFF COUPON

スピード翻訳 by GMO では、 2017/06/01(木)から、より多くのお客さまにスピード翻訳サービスの便利さを体験していただくためスピード翻訳・指名翻訳で使える 10% 割引クーポンのプレゼントを開始いたしました。スピード翻訳 by GMO の会員登録ページから新規で個人または法人会員登録をされた方全員に、翻訳料金が 10% 割引になるクーポンを差し上げます。まだ会員登録されていない方は、ぜひ会員登録してご利用ください。

新規会員登録完了後に送信される登録完了メールに、10% オフクーポンのクーポンコードを記載していますので、こちらを発注時に入力してください。

入会直後に使わなくても、入会日の翌月末までは有効ですので、初回は短い文章などでお試しいただき、ご満足いただけたら次回に 10% オフクーポンをまとまった量の依頼原稿でお使いいただくというご利用方法も可能です。

特典詳細

《 クーポンの内容 》 スピード翻訳・指名翻訳サービスのご利用料金が 10% OFF になります
※ 最低利用額 = 1,000 円 /
  最大割引額 = 5,000 円(利用額 50,000 円以上の場合)
《 発行日時 》 2017/06/01(木)00:00 〜
《 クーポンの付与対象 》 上記発行日時以降に、スピード翻訳 by GMO のサイトから新規で個人または法人会員登録をされた方
※ smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)からご利用のお客さまは対象外となります
《 クーポンの付与方法 》 会員登録後に送信する登録完了メール即時ご利用いただけるクーポンを記載します
※ @quicktranslate.com からのメールを受け取れるよう、あらかじめご設定ください
《 クーポンのご利用対象サービス 》 スピード翻訳 ・ 指名翻訳
《 利用方法 》 クーポンは決済画面にて、クーポンコードを入力することにより、有効となります。詳しくは、FAQ(よくある質問)の「クーポンコードの使い方を教えてください」をご覧ください。
※ 案件の取消や再発注をした場合は、同じクーポンを再度利用することができます
《 クーポンのご利用条件 》 クーポンは、スピード翻訳または指名翻訳サービスの翻訳料金が 1,000 円以上で使えます。最大 5,000 円の割引が適用されます(利用額 50,000 円以上の場合)。

有効期間は、会員登録をした月(クーポンを付与した月)の翌月末日までとなります(例 : 2017/06/01 に会員登録 ⇒ 2017/07/31 まで)

《 注意事項 》
  • クーポンの付与は新規会員登録をされた方、お1人様1回のみです
    • 期間内に何度ご注文をされても、クーポンのご利用は1回のみです。複数回に分けてのご利用はできません
    • 一度クーポンをご利用いただきますと、ご利用いただいたクーポンの返還はいかなる場合においてもできません
  • 本クーポンは以下のケースではご利用いただけません
    • コンシェルジュ翻訳サービス:翻訳および校正料金のお支払い
    • API 翻訳サービス:翻訳料金のお支払い
  • 以下に該当する場合は、クーポン付与の対象となりません
    • クーポンの有効期限が過ぎた場合
    • ボリュームディスカウントやポイントと併用する場合
    • 会員登録状況が、対象会員・対象サービス条件に合致しない場合
    • 会員登録状況が、規約に違反していると判断した場合
    • その他、サービス利用状況について、運営にて不適切だと判断した場合
  • 特典の適用可否は、クーポンの付与をもって代えさせていただきます
  • 本特典は予告なく変更、または中止する場合がございます

みなさまのコミュニケーションを円滑にするお手伝いができることを楽しみにしております!どうぞ今後とも スピード翻訳 byGMOをよろしくお願いいたします。


ソーシャルアカウント(Facebook / Google)でログイン可能に

2017/06/01 | Posted by admin in お知らせ | サービス全般 - (コメントは受け付けていません。)

本日 2017/06/01 より、スピード翻訳 by GMO は、ソーシャルログイン機能を実装します。これにより、お客さまのソーシャルアカウント(Facebook / Google)情報を用いて、スピード翻訳 by GMO の Web サイトへの会員登録が簡単になり、ワンクリックで手軽にログインできるようになります。

ソーシャルアカウント(Facebook / Google)でログイン可能にこれまで、スピード翻訳 by GMO を利用するためには、お客さまが会員登録時に決めた ID(またはメールアドレス)とパスワードを入力してから、ログインする必要がありました。今後は、FacebookGoogle のアカウントをお持ちの方は、これらのソーシャルアカウントに連携させた会員登録ができるようになり、ID やパスワードを覚える必要もありません

初めて会員登録をする場合、メールアドレスまたはソーシャルアカウントの認証をおこないますが、ソーシャルアカウントでの会員登録をご希望の場合は、【Facebookで登録】または【Googleで登録】 のボタンのいずれかをクリックしてください。認証に成功した場合、会員登録フォームにソーシャルアカウントから取得したメールアドレスが表示され、簡単に会員登録が完了します(法人会員の場合は、氏名などが登録フォームに反映されます)。

スピード翻訳 by GMO : ログインページ既にスピード翻訳 by GMO のアカウントをお持ちのユーザの方は、マイページにログイン後の[アカウント設定]画面の Facebook または Google【連携】ボタンをクリックすることで、ご利用が可能となります。

【連携】が成功すれば、ログインページ(左図参照)の 【Facebookでログイン】 または 【Googleでログイン】をクリックして、ログインすることができます。

詳しくは、以下のページでご案内しています。ご参照ください。

【よくある質問】


【ご注意】

  • すでにソーシャルアカウントを別のアカウントに連携させている場合、メールアドレスの重複がある場合などは、ソーシャルアカウントでのログインはできません
  • 「Facebook / Google アカウントと連携する」を選択された場合でも、弊社がお客様の Facebook のタイムラインに自動で投稿することはありません
  • 取得する個人情報は、連携するソーシャルアカウントに登録してあるメールアドレス、氏名など、会員登録時に必要な最小限の情報のみとなりますので、ご安心ください


'Ransom Note' by Sheila Sund

TV やインターネットのニュースでも話題になっていますが、ランサムウェアと呼ばれるマルウェアへの感染に注意するよう情報処理推進機構からも勧告が報道されています。Microsoft からも、対策法が提示されていますので、Microsoft の Windows OS をご利用の方は、最新のセキュリティアップーデートを適用するようにしてください。

現在流行中のランサムウェアに感染すると、コンピュータのファイルが勝手に暗号化され、その暗号化を解除しない限りコンピュータが使えなくなってしまうという被害が発生する可能性があるそうです。そのデータ(人質)の暗号化の解除に支払いを要求してくることから、ランサムウェア / RANSOMWARE と呼ばれます(ransom = 身代金)。メールに添付されたファイルなどを不用意に開いたりしないよう注意してください。知り合いの名前を騙ったメール送信もあるそうですので、最新の注意を払いましょう。

現在はインターネットが広く普及していますので、それを悪用する人たちも増えています。つい先日などは、インターネットを利用しているときに、急にパソコンから警告音が流れるという症状について報道されていました。コンピュータに詳しくない被害者の方は、画面上に表示されたサポートサービス(実際は、詐欺グループ)の連絡先に電話をして、修理料金を払わされる……といったような手口でした。前述のランサムウェアは、この警告音詐欺よりも巧妙な手口ですので、要注意です。
※ 参照サイト : マイクロソフト > コミュニティ > 警告音がなり音声でウィルス感染を知らせる詐欺の件


パソコンに浸入し、不正な動きをするランサムウェアやスパイウェアなどの名称は何回かお聞きになったかもしれません。これらの総称をマルウェアと呼びます。

マルウェア = malware (malicisous + software) :
ウィルスやワーム、トロイの木馬を含むパソコンに侵入する悪意のあるプログラム

この mal は、malfunction(故障)や、maladaptation(不適応)といった単語にも使われる malicisous( 悪意[敵意]のある / 意地の悪い / 故意の)からの接頭辞で、software との造語となっています。日本語の「まる」(○)とは大きな違いです。このマルウェアの仲間として、

アドウェア = adware (advertisement + software) :
広告を目的としたソフトウェア。ユーザーに知らせることなく、ユーザに関する情報を収集するような、マルウェアも含まれる

スパイウェア = spyware (spy + software) :
ユーザに関する情報(個人情報、クレジットカード情報など)を収集し、特定の企業・団体・個人などに自動的に送信するマルウェア

スケアウェア = scareware (scare + software) :
ユーザの恐怖心をあおり、個人情報やクレジットカード情報、金銭を奪うことを目的としたマルウェア
scare = 脅す / 脅かす

……などがあります。Winbdows Update や、ウィルス対策ソフトの最新版の適用などをおこなっておきましょう。

おまけ :この ransom (身代金)は、懐かしのテレビドラマ『刑事コロンボ』の「死者の身代金」(Ransom for a Dead Man : 1971)で覚えた単語です。現在の身代金要求には、昔あったような新聞の活字を切り貼りしたような手紙が使われることはないと思いますが、活字の切り貼りを模したフォントも数多くあるようです(cf : Ransom Note Fonts : ransom notes = 身代金要求の手紙)。あとは、The Ransomizer という入力した英数字を自動で、ransom notes 風に変換するサイトなんかもあります。

photo : “Ransom Note” by Sheila Sund


ログインができなくなった(ユーザ ID / パスワードがわからない)

2017/05/12 | Posted by admin in お知らせ - (コメントは受け付けていません。)

LOGO2017/05/08 のログインフォームの変更以降、一部のお客さまからログインができなくなったユーザ ID / パスワードがわからないといったお問い合わせをいただいております。
※ ブラウザにログイン ID / パスワードを記憶させておいた方が多いようです

ログイン ID / パスワードが思い出せない場合は、カスタマーサービスセンターにてご対応いたしますので、ご遠慮なくGMOスピード翻訳株式会社・カスタマーサービスセンター (help@quicktranslate.com)までお問い合わせください(お問い合わせフォームのユーザ ID 欄には不明とご記入ください)。ご登録いただいたメールアドレスをご記憶の場合は、そちらもお書き添えください。
→ お問い合わせフォーム

過去にご発注いただいた場合、その際にお送りしたメール(自動送信)にユーザ ID を記載しております(冒頭部分)。そちらもご確認いただければ幸いです。
メールの検索条件 差出人のメールアドレス : noreply@quicktranslate.com / 標題の先頭に記載の文字列 : [GMOQTR]

以下のよくある質問もご参照ください。


メールアドレスでのログインが可能になりました

2017/05/08 | Posted by admin in お知らせ | サービス全般 - (コメントは受け付けていません。)

LOGO本日 2017/05/08 よりスピード翻訳 by GMO にアカウントをお持ちのお客さまは、メールアドレス + パスワードでのログインが可能になりました。従来どおり、ログイン ID + パスワードでのログインも可能ですので、覚えやすい方でログインください。
※ このメールアドレスとは、会員登録時、またはそれ以後にログイン ID とひもづけて登録されているメールアドレスになります

ただし、同一のメールアドレスで複数回会員登録をされた場合は、メールアドレス + パスワードでのログインはできません。この場合は、従来どおりログイン ID + パスワードでのログインをお願いいたします。

ご登録済みのメールアドレスは、マイページにログインし、左メニューからアカウント設定のページを選択し、ご確認いただけます。メールアドレスを変更される場合は、これから登録するメールの認証が必要となります。詳しくは、「よくある質問 > メールアドレスの変更をしたいのですが」のページでくわしくご案内しています。ご参照ください。
※ 新規入会される方もメールの認証が必要です

関連するよくある質問については、以下のページをご参照ください。


スピード翻訳 by GMO でドイツ語 / イタリア語 / ロシア語 のサービス提供を開始しました!

本日より、スピード翻訳 by GMO は、ドイツ語イタリア語ロシアの言語を追加し、新たに 5 つの言語ペアをリリースしました。他の対応言語は、こちらから閲覧することが可能です。

下記すべての言語ペアの翻訳は、スピード翻訳 by GMO の自動お見積りフォームより承っております。

追加の新言語ペア (2017/04/25 時点)

日本語 ドイツ語
ドイツ語 日本語
日本語 イタリア語
イタリア語 日本語
日本語 ロシア語

各言語ペアの翻訳料については、こちらをご確認ください。

GMO スピード翻訳は、お客さまのご要望に応じてこれからもさまざまな言語ペアをリリースし、より円滑なコミュニケーションのお手伝いをしてまいります。


翻訳者向けセミナー「翻訳の世界が変わる」は、無事終了しました!

2017/04/10 | Posted by admin in その他 - (コメントは受け付けていません。)
翻訳者向けセミナー「翻訳の世界が変わる」会場風景

2017年4月8日(土)、渋谷にてプロ翻訳者養成機関の株式会社インターグループとの共同企画セミナー「翻訳の世界が変わる」~クラウド翻訳、今より自由なワークスタイル~を開催いたしました。たくさんの方々に足をお運びいただき、大盛況のうちに終了しました。

セミナーには、「これからフリーランス翻訳者として活躍したいと思っている」、「クラウド翻訳に興味はあるけれど、実際にどんな案件があるかを知りたい」、「すでに仕事として翻訳をやっているけど、さらにステージアップしたい」という翻訳者の方々など、多くの熱心な参加者にご来場いただき、熱心に耳を傾けられ、質問をされていました。和やかな雰囲気の中、みなさまのきらきらした瞳がとても印象的でした。

当日は多くの方々にご来場いただき、誠にありがとうございました!心より御礼申し上げます。

GMO スピード翻訳株式会社では、今後も弊社サービスをご利用のお客さまならびに翻訳者の方々に有益なセミナーを企画してまいります。


翻訳者をめざす方へ、セミナー開催のお知らせ

2017/03/10 | Posted by admin in お知らせ | その他 - (コメントは受け付けていません。)

翻訳の世界が変わる ~クラウド翻訳、今より自由なワークスタイル~

2017/04/08(土)、GMO スピード翻訳株式会社は、プロ翻訳者養成機関の株式会社インターグループと共同で、クラウド翻訳を知っていただくためのセミナーを開催します。

当日はスピード翻訳 byGMO で活躍している翻訳者をゲストスピーカーとしてむかえ、翻訳者の仕事やライフスタイルについて、ご紹介します。これからプロの翻訳者を目指して学習を検討している方や、すでに翻訳者として活躍している方のご参加をお待ちしています。

セミナーの詳しい情報は、こちら(PDF チラシもあります)をご覧ください。
参加のお申し込みは、こちらよりお願いいたします。
※ お申し込みの際は、セミナー 1 – 3 のいずれかより「クラウド翻訳セミナー「翻訳の世界が変わる」 4/8(土)13:00~15:00」をお選びください

《参加費》 無料 (定員 50名)
《日程》 2017/04/08(土)
《時間》 13:00 – 15:00
《場所》 GMOインターネット株式会社 本社セミナールーム
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町 26 番 1 号 セルリアンタワー(B1 ロビー受付)
《その他詳細》 http://www.interschool.jp/news/detail/45

ぜひご参加ください!


こんにちは、maggy です。最近は、訪日外国人旅行客が増えているという報道はよく聞きますね。街を歩いていると、大きなスーツケースやバックパックを持った人も見かけます。そのような客層も取り込もうと、観光施設、宿泊施設、店舗やレストランなどで多言語対応がどんどん進んでいます。館内の案内やメニューなどを多言語化するのも大事ですが、その前に営業中であることをアピールしないといけないですね。戸口に OPEN と大きくわかりやすく書かれていると、初めての方も、海外から来た方も入りやすいはずです。

さて、その「おもてなし」の顔となる表札看板。残念なことに日本では、よくある英語の間違いが……。

まず、「営業中」に関しては、こちらは OK なのです。

営業中OPEN

ここでの open(あるいは大文字で OPEN)は、(お店などが)「開いている」「営業中」を意味する形容詞。全文を書くと、下記のようになります。

We’re open. = 当店は営業中です。

一方で、問題となるのは、営業終了後。その対となる表札看板として、よく見かけるのがこちらですが……。

営業終了CLOSE

うーん、残念!英語では、正しくは closedと書きます(発音 = klóuzd / クローズド)。文で書くと次のようになります。

We’re closed. = 当店は営業終了です(閉店しました = その日の営業は終了という意味での)。

この closed は、(お店などを)「閉じる」、「閉める」、「営業を終了する」を意味する動詞の close の過去分詞形で、形容詞のように使えます。

英語には close(発音 = klóus / クロース )という形容詞もありますが、こちらは「(時間・空間的に)近い」という意味になります。

ですので、お店などの表札看板に CLOSE と書いてあって、店内の電気が落ちていると、英語ネイティブにはこんな感じに読めてしまうこともあるのだとか。

We’re close. = 当店は近くにあります。

明らかに場所も外観も探していたお店に見えるのに、違うのかな……と、不安を呼ぶこの表記。まるで都合の悪いときにいないフリをする、居留守のように見えるかも?

close は、「(時間・空間的に)近い」の意味から、「達成度がいまひとつ」という意味での「惜しい」「あと少し」の意味でも使われます。すると、下記のようにも読めます。

We’re close. = 当店は惜しい!

残念!」のようにも感じられ、自虐的なんだか、なんなんだかよくわからないニュアンスのように思われるかも?

一見さんお断りのお寿司やさんなんかもかっこいいですけど、訪日外国人客の皆さんが、冷たい英語の看板に寂しい思いをしていないか、ちょっと心配です。英語で CLOSE と書いていらした場合は、CLOSED に直しちゃいましょう。

なお、過去分詞の形容詞的用法を翻訳するとき、日本語でカタカナ表記する場合、ed の部分を省略して書くことが多くあります。そのため、カタカナ語の発想で、そのまま英語で書くという間違いが発生しやすくなっているんですね。

間違いやすいものを、下記にまとめましたのでご参考ください。

<和製英語で省略されている形容詞用法の過去分詞の一例>

  • マッシュ・ポテト = mashed potatoes
  • スクランブル・エッグ = scrambled egg
  • アソート・チョコレート = assorted chocolates
  • プリントTシャツ = printed T-shirts
  • ダメージ・ジーンズ(デニム) = damaged jeans (denim)
  • コンプリート・エディション = completed edition
  • カスタマイズ・コンピューター = customized computer

おまけ :閉店中に来ちゃったお客さんが、無事、翌日などにまた来てくれたら、英語や他言語のメニューや解説で喜んでいただきましょう。看板などの短文から長文まで対応できる、「スピード翻訳 by GMO」のプロ翻訳者にお任せください。

日本語からの翻訳は、以前から提供していた英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、インドネシア語、ベトナム語に加え、現在は、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語へのご依頼も受け付けております
参考記事 : 新しい言語ペアが追加されました!

ちなみにきょうのフレーズ(OPEN / CLOSE)はコチラ!
※ 2017/03/01 現在(タガログ語 / マレー語のサービスは提供停止となっています)

営業中 営業終了
英語 OPEN CLOSED
中国語(簡体字) 营业中 休息中
中国語(繁体字) 營業中 休息中
韓国語 영업중 ※※
フランス語 OUVERT FERMÉ
スペイン語 ABIERTO CERRADO
ポルトガル語 ABERTO FECHADO
タイ語 เปิด ปิด
インドネシア語 BUKA TUTUP
ベトナム語 MỞ CỬA ĐÓNG CỬA
※ 中国語(簡体字・繁体字)の営業中かそうでないかを表示する札の営業終了を意味するものには、休息中の表示のものが多いようです。日本でも明らかに営業終了のように見える店に準備中との札が下がっていることがありますね。
※※ 韓国にも、외출중(外出中) / 정기휴일(定休日) / 금일휴업(本日休業)のサインはあるようですが、単に営業時間の終了を伝えるだけのときは OPEN / CLOSED の英語のサインを使ったり、きちんとした文章として記載する(오늘의 영업은 종료 되었습니다. = 本日の営業は終了いたしました)のが一般的なようです

photo : ”閉店です” by yamauchi


翻訳の無料お見積りはこちらから!(スピード翻訳 by GMO のお見積りフォームに遷移します)

言語選択 →       翻訳分野