Author Archives: admin

機械翻訳・自動翻訳の現在 : T-4OO について

2018/04/23 | Posted by admin in お知らせ | 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)
'photo by geralt

最近のテレビのニュース報道やインターネット上のニュース記事で、人工知能(AI)機械学習の話題を聞かない日はありません。インターネットではもうずいぶん前から話題になっていましたが、テレビでも大きく話題になったのは、ソフトバンクの Pepper の登場あたりからでしょうか。他にもソニーの aibo もバージョンアップして話題になりました。こうしたヒト型ロボットペット型ロボットへの導入はかなりわかりやすい例ですが、もっと安価でシンプルなものとして、Google の Google Home や Amazon の Amazon Echo などのスマートスピーカ―も話題です。

こうした目に見える形がないものでも、コンピュータが膨大なデータを学習する機械学習は大きく発展しています。中国の監視カメラと連動した犯罪者追跡システム・天網など AI の画像認識技術が応用されています。やわらかめのトピックとしては Google の機械学習を応用してデカ盛りラーメンで有名な二郎で提供されるラーメンの画像から、どの店舗のラーメンなのかを 95% の精度で判定することに成功したという発表がありました。二郎ラーメンの大好きなジロリアンにも話題になったのではないでしょうか。
Cf. Google : Noodle on this: Machine learning that can identify ramen by shop(英語記事)

機械翻訳(自動翻訳)でも AI は大活躍している

こうした機械学習は、みなさんもお使いになられているであろう機械翻訳(自動翻訳)の世界でも活躍しています。Google 翻訳のサービスにも 2016/11 に機械学習をベースにした仕組みがリリースされ、精度が飛躍的に向上して話題になりました。ニューラルネットワークディープラーニングといった技術を応用して、これまでの機械翻訳(自動翻訳)とは比較にならない流暢さで翻訳をおこなってくれるようになりました。これまでは、ルールベース機械翻訳RBMT : Rule Based Machine Translation)や統計的機械翻訳SMT : Statistical Machine Translation)といった手法、あるいはその組み合わせでした。

  • ルールベース機械翻訳(RBMT) : 言語ごとの文法・辞書データと構文解析・意味解析などの自然言語処理で訳文を生成する(ルール / 辞書などのデータ作成に多大なコスト・時間がかかる)
  • 統計的機械翻訳(SMT) : 膨大な対訳データを元に統計学的に訳文を生成する(膨大な対訳データ – コーパスデータ – が必要なため、ハードウェアの高度な処理能力が求められる)

機械翻訳(自動翻訳)の歴史 : ルールベース機械翻訳

ルールベース機械翻訳は、CD-ROM(あるいはフロッピーディスク)からパソコンにインストールする翻訳ソフトの時代に全盛を極めた手法でした。Windows 95 の登場で一般家庭にもパソコンがあっという間に普及し、家電量販店に大きなソフトウェア販売フロアが出現した時代です(いまは、ずいぶん売場面積が狭くなってしましいましたね)。ちょうどインターネットも民間でも利用されはじめたころでもあります ※。ただし、パソコンにインストールする翻訳ソフトでは、原稿の登録から、翻訳処理、翻訳結果の出力までをパソコンで処理します。そのため、その当時のパソコンの処理能力に大きく依存するというネックを抱えていました。
※ 国内の某翻訳ソフトのベンダーの関係者の方に、当時有償だったブラウザソフト(現在の Firefox の前進の Netscape)とその会社の翻訳ソフトをバンドル販売したら、おもしろいように売れた……というエピソードをうかがったことがあります(インターネット黎明期は、日本語のサイトがすくなく、海外のサイトを見ることが多かったため、翻訳ソフトを介して、海外のサイトを閲覧していたわけです)

近年の機械翻訳(自動翻訳) : 統計的機械翻訳からニューラル機械翻訳へ

近年では、CPU / メモリ / 分散処理技術の向上にともない、統計的機械翻訳が台頭してきました。さらにハードウェア(特に GPU / GPGPU)の進歩とともに、機械学習 / 深層学習が発展し、Google が提供するようなニューラル機械翻訳NMT : Neural Machine Translation)が、それまでの機械翻訳と比較して、翻訳結果が格段に向上していることから、非常に注目されています。ただし、どれが一番か?ということではなく、それぞれルールベース機械翻訳の得手不得手、統計的機械翻訳の得手不得手があるように、ニューラル機械翻訳の得手不得手もあります。ニューラル機械翻訳の翻訳結果にも注意を払う必要があります。ルールベース機械翻訳や統計的機械翻訳では、こなれていない(不自然な / 流暢でない)翻訳結果になることがよくありました。翻訳結果の流暢さで注目されているニューラル機械翻訳の欠点としては、まれに訳抜けが発生したり、訳語が重複したりする……という問題があります(技術の発展とともに解消されていくのではないかと思います)。こうした問題点を受けて、ニューラル機械翻訳と既存のルールベース機械翻訳 / 統計的機械翻訳とのハイブリッドのような手法も同時進行で研究・開発されているようです。

こうした機械翻訳市場は、Google の独占市場ではなく、Microsoft や SYSTRAN といった大企業からスピード翻訳が傘下に入っている株式会社ロゼッタまで市場参入している群雄割拠の世界です。株式会社ロゼッタでは、日本語(英日・日英)をベースとした熟考という機械翻訳サービスに始まり、採用企業単位でカスタマイズ可能な T-4OO の開発・販売をおこなっています。その T-4OO では、医学・化学・法務・IT・金融の分野において、英日翻訳で精度 95%、日英翻訳で精度 90% をマークした旨のプレスリリースを発表させていただきました(2017/11/27)。

Google 翻訳には世界のあらゆる言語をあらゆる言語に翻訳する……というミッションがありますが、T-4OO は、日本語(英日・日英)をベースとして、国内の企業活動に役立てる機械翻訳サービスに特化しています。T-4OO には、以下の特徴があります。

  • 専門分野データベース :
    ロゼッタが独自に構築したデータベース。データベースは 2,000分野に細分化されており、分野ごとの専門用語・公的文書等が登録されている。分野に合わせて、その分野の適訳を得ることが可能
    ※ ロゼッタが長年蓄積してきた翻訳精度に大きく貢献できる秘伝のタレのようなものです
  • 企業別データベース :
    ご採用いただいた企業内の英語・日本語の文書を企業別データベースに登録することで、社内表現や言い回しをAIが学習し、翻訳結果に反映可能
    ※ インターネット上の翻訳サービスではできない、企業ごとのカスタマイズができる機能
  • セキュアな環境で利用可能 :
    インターネット上で無料で利用可能なサイトは情報漏えいのリスクを常に抱えているが、T-4OO では機密情報を含む重要な企業内文書の翻訳を、常にセキュアな環境で利用可能(ISMS 認証取得の設備にて外部の不正なアクセスから保護)
    ※ インターネット上のサービスの利用を禁止されている企業の方からご評価いただいています
  • さまざまなファイルタイプに対応 :
    Microsoft Word / Excel / PowerPoint / PDF などビジネスシーンでよく使われるソフトウェアで保存されたファイルをそのまま翻訳することが可能
    ※ Microsoft Word の原稿を、原文のレイアウト / スタイルを保ったままの Microsoft Word 形式で翻訳します

このあたりが、ご採用いただいた企業さまより、高評価を受けています。

T-4OO に関するお問い合わせはこちらからお寄せください(スピード翻訳株式会社は、T-4OO の販売代理店です)。上記のフォームからお問い合わせの際は、お問い合わせ対象サービスセクションで、T-4OO をお選びください。
※ T-4OO の導入には、ライセンスの費用が必要です。とりあえず、試してみたいというお客さまには、アイちゃんという T-4OO のエッセンスを都度従量課金でご利用いただけるサービスも提供しています

スピード翻訳では、これまでどおりの翻訳事業に加え、機械翻訳と翻訳者を橋渡しする事業に今後取り組んでいきます。


ゴールデンウィーク中の営業について(2018)

2018/04/20 | Posted by admin in お知らせ - (コメントは受け付けていません。)

LOGO

ゴールデンウィーク期間中も「スピード翻訳」のスピード翻訳指名翻訳サービスは、無休で営業いたします。

ただし、電子メール、お電話、FAX などでのカスタマーサポート業務は下記のスケジュールとなりますので、ご対応に少々時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください(05/01 – 02 は、通常営業となります)。

2015/04/28(土) カスタマーサポート業務は、休業
2015/04/29(日)
2015/04/30(月)
2015/05/01(火) 通常営業(サポート業務 : 10:00 – 17:00)
2015/05/02(水)
2015/05/03(木) カスタマーサポート業務は、休業
2015/05/04(金)
2015/05/05(土)
2015/05/06(日)

ゴールデンウィーク中は、翻訳者リソースが減少する可能性があるため、スピード翻訳指名翻訳の場合は 2 時間以内に翻訳者が決定せず一旦発注停止の状態になりやすくなることが想定されます。あらかじめご了承ください。その際は、再発注も可能ですのでよろしくお願いいたします。

また、翻訳コーディネーターでご対応するコンシェルジュ翻訳・校正の両サービスは、上記期間中、お休みをいただきます。

2018/05/01 – 02 および休み明けの 2018/05/07 以降は、通常どおりの営業となりますが、順番にご対応いたしますので、ご回答までお時間をいただくケースもありますので、あらかじめご了承ください。


スピード翻訳 - ボリュームディスカウント

スピード翻訳株式会社スピード翻訳サービス / 指名翻訳サービスでは、2018/03/22 より

  • 翻訳料 5 万円(税別)以上のご発注 : 10% OFF
  • 翻訳料 10 万円(税別)以上のご発注 : 20% OFF

……のボリュームディスカウントを開始いたしました(スピード翻訳 / 指名翻訳サービスのみ)。このボリュームディスカウントでは、上記の翻訳料以上のお見積りに対しては、自動的に 10% オフ または 20% オフになります。
※ これまでは、10 万円以上(税別)のご発注に対して 10% のディスカウントをご提供していましたが、対象金額の引き下げ、割引率の引き上げをおこないました

おおまかな目安ですが、スピード翻訳 で、日本語から英語への翻訳を、分野 = パーソナルでお見積りいただいた場合、

  • 翻訳料 5 万円(税別)以上のご発注 : 7,500 文字程度 ≒ 7.5 ページ
  • 翻訳料 10 万円(税別)以上のご発注 : 15,000 文字程度 ≒ 15 ページ

……ぐらいとお考えください。
※ 文字サイズや行間設定によって、A4 の 1 ページに含まれる文字数は変動します

先ほどご案内した文字単価は、分野 = パーソナル(手紙など)の例ですが、ビジネス文書、学術論文といった難易度に応じて、単価は変動します(また、言語によっても変動します)。詳しくは、ユーザガイド : 翻訳料についてをご参照いただきたいのですが、簡単に記載すると以下のようになります。
※ 以下の価格はあくまでも概算値(税抜)です

難易度 分野 文字単価 ディスカウント対象文字数 ページ数 ディスカウント率
パーソナル 7 円 7,500 文字~
15,000 文字~
7.5 ページ~
15 ページ~
10 %
20 %
ビジネス文書 10.5 円 5,000 文字~
10,000 文字~
5 ページ~
10 ページ~
10 %
20 %
論文など 14 円 3,750 文字~
7,500 文字~
4 ページ弱~
7.5 ページ~
10 %
20 %

ボリュームディスカウントが適用された場合、以下のように、見積結果画面にディスカウント適用がご確認いただけます(クリックすると、拡大した大きさで表示可能)。通常価格に加えて、割引価格(ボリュームディスカウント適用価格)が表示されます。

スピード翻訳 - ボリュームディスカウント
※ お急ぎの場合は、次画面でより短い納期でのお見積価格もご確認いただけます

ご依頼をご検討中の案件をお持ちの場合は、スピード翻訳トップページで、見積をご確認ください。お見積は、無料です。

ご注意事項
ボリュームディスカウントには、以下の注意事項がございます。あらかじめご了承ください。

  • 対象のサービスは、スピード翻訳・指名翻訳サービスのみとなります(コンシェルジュ翻訳は対象外)
  • 本記事中でご案内した例(文字数・ページ数)はあくまでも概算値です
  • 大量の文字数の場合、納期が通常納期、特急納期が選択できますが、ボリュームディスカウントが適用されるのは、通常納期の見積がボリュームディスカウントの対象金額以上になった場合のみです
  • ボリュームディスカウントプログラムは、予告なく終了、変更される場合があります


スピード翻訳 : お得なクーポンプレゼント - 期間限定 20% OFF COUPON

スピード翻訳 では、より多くのお客さまにスピード翻訳サービスの便利さを体験していただくため、新規会員登録いただいたみなさまに発注時に翻訳料が 10% 割引になるクーポンをプレゼントしています(2017/06/01 から)。今月末までの期間限定で 20% のディスカウントクーポンを差し上げます(2018/03/31 まで)スピード翻訳 の会員登録ページから新規で会員登録をされた方が対象となります。まだ会員登録されていない方は、ぜひ会員登録してご利用ください。
※ smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)からご利用のお客さま、およびコンシェルジュ校正・翻訳サービス / API 翻訳サービスは対象外となります

新規会員登録完了後に送信される登録完了メールに、20% オフクーポンのクーポンコードを記載していますので、こちらを発注時に入力してください。

会員登録直後、または初回発注にに使わなくても、入会日の翌月末までは有効です。つまり、いまからのご登録なら、2018/04/30 まで有効!初回は短い文章などでお試しいただき、ご満足いただけたら 2018/04/30 までに 20% オフクーポンをまとまった量の依頼原稿でお使いいただくというご利用方法も可能です。

みなさまのコミュニケーションを円滑にするお手伝いができることを楽しみにしております!どうぞ今後とも スピード翻訳をよろしくお願いいたします。

特典詳細

《 クーポンの内容 》 スピード翻訳・指名翻訳サービスのご利用料金が 20% OFF になります
※ 最低利用額 = 1,000 円 /
  最大割引額 = 10,000 円(利用額 50,000 円以上の場合)
《 発行期間 》 2018/02/01(木) 〜 03/31(土)
《 クーポンの付与対象 》 上記発行期間中に、スピード翻訳 のサイトから新規会員登録をされた方
※ smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)からご利用のお客さま、およびコンシェルジュ校正・翻訳サービスで会員登録いただいた方は対象外となります
《 クーポンの付与方法 》 会員登録後に送信する登録完了メール即時ご利用いただけるクーポンを記載します
※ @quicktranslate.com からのメールを受け取れるよう、あらかじめご設定ください
《 クーポンのご利用対象サービス 》 スピード翻訳 ・ 指名翻訳
※ smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)からご利用、およびコンシェルジュ校正・翻訳 / API 翻訳サービスでのご利用は対象外となります
《 利用方法 》 クーポンは決済画面にて、クーポンコードを入力することにより、有効となります。詳しくは、FAQ(よくある質問)の「クーポンコードの使い方を教えてください」をご覧ください。
※ 案件の取消や再発注をした場合は、同じクーポンコードを再度利用することができます
《 クーポンのご利用条件 》 クーポンは、スピード翻訳または指名翻訳サービスの翻訳料金が 1,000 円以上で使えます。最大 10,000 円の割引が適用されます(利用額 50,000 円以上の場合)。

有効期間は、会員登録をした月(クーポンを付与した月)の翌月末日までとなります(例 : 2018/02/01 に会員登録 ⇒ 2018/02/01 – 03/31 まで有効)

《 注意事項 》
  • クーポンの付与は新規会員登録をされた方、お 1 人さま 1 回のみです
    • 期間内に何度ご注文をされても、クーポンのご利用は 1 回のみです。複数回に分けてのご利用はできません
    • 一度クーポンをご利用いただきますと、ご利用いただいたクーポンの返還はいかなる場合においてもできません
  • 本クーポンは以下のケースではご利用いただけません
    • smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)経由で会員登録いただいたお客さま
    • コンシェルジュ校正・翻訳サービス:翻訳および校正料金のお支払い
    • API 翻訳サービス:翻訳料金のお支払い
  • 以下に該当する場合は、クーポン付与の対象となりません
    • クーポンの有効期限が過ぎた場合
    • ボリュームディスカウントやポイントと併用する場合
    • 会員登録状況が、対象会員・対象サービス条件に合致しない場合
    • 会員登録状況が、規約に違反していると判断した場合
    • その他、サービス利用状況について、運営にて不適切だと判断した場合
  • 特典の適用可否は、クーポンの付与をもって代えさせていただきます
  • 本特典は予告なく変更、または中止する場合がございます
based on a photo : by QuinceMedia


スピード翻訳 : お得なクーポンプレゼント - 期間限定 20% OFF COUPON

スピード翻訳 では、より多くのお客さまにスピード翻訳サービスの便利さを体験していただくため、新規会員登録いただいたみなさまに発注時に翻訳料が 10% 割引になるクーポンをプレゼントしています(2017/06/01 から)。2018/02/01 – 03/31 の期間限定で 20% のディスカウントクーポンを差し上げますスピード翻訳 の会員登録ページから新規で会員登録をされた方が対象となります。まだ会員登録されていない方は、ぜひ会員登録してご利用ください。
※ smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)からご利用のお客さま、およびコンシェルジュ校正・翻訳サービス / API 翻訳サービスは対象外となります

新規会員登録完了後に送信される登録完了メールに、20% オフクーポンのクーポンコードを記載していますので、こちらを発注時に入力してください。

会員登録直後、または初回発注にに使わなくても、入会日の翌月末までは有効ですので、初回は短い文章などでお試しいただき、ご満足いただけたら次回に 20% オフクーポンをまとまった量の依頼原稿でお使いいただくというご利用方法も可能です。

みなさまのコミュニケーションを円滑にするお手伝いができることを楽しみにしております!どうぞ今後とも スピード翻訳をよろしくお願いいたします。

特典詳細

《 クーポンの内容 》 スピード翻訳・指名翻訳サービスのご利用料金が 20% OFF になります
※ 最低利用額 = 1,000 円 /
  最大割引額 = 10,000 円(利用額 50,000 円以上の場合)
《 発行期間 》 2018/02/01(木) 〜 03/31(土)
《 クーポンの付与対象 》 上記発行期間中に、スピード翻訳 のサイトから新規会員登録をされた方
※ smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)からご利用のお客さま、およびコンシェルジュ校正・翻訳サービスで会員登録いただいた方は対象外となります
《 クーポンの付与方法 》 会員登録後に送信する登録完了メール即時ご利用いただけるクーポンを記載します
※ @quicktranslate.com からのメールを受け取れるよう、あらかじめご設定ください
《 クーポンのご利用対象サービス 》 スピード翻訳 ・ 指名翻訳
※ smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)からご利用、およびコンシェルジュ校正・翻訳 / API 翻訳サービスでのご利用は対象外となります
《 利用方法 》 クーポンは決済画面にて、クーポンコードを入力することにより、有効となります。詳しくは、FAQ(よくある質問)の「クーポンコードの使い方を教えてください」をご覧ください。
※ 案件の取消や再発注をした場合は、同じクーポンコードを再度利用することができます
《 クーポンのご利用条件 》 クーポンは、スピード翻訳または指名翻訳サービスの翻訳料金が 1,000 円以上で使えます。最大 10,000 円の割引が適用されます(利用額 50,000 円以上の場合)。

有効期間は、会員登録をした月(クーポンを付与した月)の翌月末日までとなります(例 : 2018/02/01 に会員登録 ⇒ 2018/02/01 – 03/31 まで有効)

《 注意事項 》
  • クーポンの付与は新規会員登録をされた方、お 1 人さま 1 回のみです
    • 期間内に何度ご注文をされても、クーポンのご利用は 1 回のみです。複数回に分けてのご利用はできません
    • 一度クーポンをご利用いただきますと、ご利用いただいたクーポンの返還はいかなる場合においてもできません
  • 本クーポンは以下のケースではご利用いただけません
    • smartoffice(JOINTEX)、SOLOEL ARENA(ASKUL)経由で会員登録いただいたお客さま
    • コンシェルジュ校正・翻訳サービス:翻訳および校正料金のお支払い
    • API 翻訳サービス:翻訳料金のお支払い
  • 以下に該当する場合は、クーポン付与の対象となりません
    • クーポンの有効期限が過ぎた場合
    • ボリュームディスカウントやポイントと併用する場合
    • 会員登録状況が、対象会員・対象サービス条件に合致しない場合
    • 会員登録状況が、規約に違反していると判断した場合
    • その他、サービス利用状況について、運営にて不適切だと判断した場合
  • 特典の適用可否は、クーポンの付与をもって代えさせていただきます
  • 本特典は予告なく変更、または中止する場合がございます
based on a photo : by QuinceMedia


スピード翻訳 / 指名翻訳に校正オプションが加わりました

2017/11/15 | Posted by admin in お知らせ | サービス全般 - (コメントは受け付けていません。)

LOGO

スピード翻訳 では、2017/11/15 に既存のスピード翻訳 / 指名翻訳校正オプションという新サービスを追加しました。

校正オプションとは、担当者の納品物(指定言語での訳文)を別の翻訳者・校正者が、誤字 / 不自然な表現などがないかをチェックするサービスとなります。担当者の納品した訳文(英語訳)を英語のネイティブスピーカーやバイリンガルの翻訳者・校正者が、より高品質な翻訳に校正いたします。
※ スピード翻訳サービス / 指名翻訳サービスで、日本語から英語への翻訳をご依頼いただいた場合にのみご利用いただけます

ご利用料金は、スピード翻訳サービス / 指名翻訳サービスの 20% となっております。たとえば、1,000 円の翻訳のご発注に対する校正オプションは、200 円(1,000 円 * 20%)となります。

別の担当者の目からも納品物を確認してもらいたいときなどに、ぜひご活用ください。

ご利用方法

スピード翻訳 / 指名翻訳が納品後に校正オプションがご発注いただけます

マイページ > 案件詳細画面

右図は、スピード翻訳 / 指名翻訳サービスで日英翻訳を依頼し、納品がおこなわれたときの納品物の受け取り画面になります。原文セクションにはお客さまの原稿が表示され、納品文セクションには翻訳者が納品した訳文が表示され、それぞれダウンロードが可能です。

この納品文セクションの下に校正オプションというセクションを設置しています(右図ででハイライトした部分)。ここから翻訳者が納品した翻訳文の校正オプションを発注することができます。校正オプションをご依頼いただく場合は、オレンジ色【校正を依頼する】ボタンをクリックしてください。
※ 校正オプションのご利用料金は、校正元となる案件の 20% となります

お支払いが完了すると、ご発注いただいた案件の詳細画面が見られます。
※ 校正元のご発注(スピード翻訳 / 指名翻訳)の詳細画面とは別のページになります

担当者が決定し、納品がおこなわれたら

マイページ > 案件詳細画面(校正オプション)

校正作業が完了し、担当者から納品がおこなわれれば、案件詳細画面で右図のように表示されます。

  • 原文セクション :
    お客さまから最初にいただいた原文がここに表示されます
  • 校正対象(一次訳)セクション :
    スピード翻訳 / 指名翻訳の担当者の納品した文がここに表示されます。これが校正対象となります
  • 納品文セクション :
    校正オプションの担当者の納品した文(校正結果)がここに表示されます
    【プレビュー】ボタンをクリックすると、左から順に
    • 原文
    • 校正対象
    • 納品文

    ……を並べて閲覧できます。

マイページ > 案件詳細画面(校正オプション)のプレビュー画面

注意事項 :
・MS Word の校正機能のような赤字などでの変更記録はありません
・校正すべき点が存在しない場合は、一次訳と同じものをお返しすることもあります
・校正担当者のリソースの状況により、担当者が決定しない場合もあります
・校正者の指名はできません
・校正者の案件評価は受け付けておりません
・校正オプションが発注できるのは、日本語から英語への翻訳のご依頼のみとなります
・校正のみのサービスはございません

英語で書かれた論文の校正については、コンシェルジュ校正サービスで承っております。こちらは、英語で書かれた学術論文専用のサービスですので、学術誌への投稿をお考えの方にお薦めいたします。


スピード翻訳では、以前、「ブックマークを活用してみよう! ~指名翻訳の使い方~」としてご紹介した指名翻訳サービスの機能をパワーアップしてリニューアルしました。特徴は、以下の 2 点。

  • お気に入りの翻訳者を何名でも指名できます
    これまでは上限 3 名でしたが、これからは無制限。これまでは、お客さまと担当者の都合があわず、うまく発注に至らないこともあったかもしれませんが、これからはお気に入りの翻訳者を何名でも指名できますので、スケジュールも合いやすくなることを期待しています。
  • お気に入りの翻訳者をグルーピングできます
    お気に入りの翻訳者を得意分野や訳質などでグルーピングして、案件にあわせてグループを指名できます。お気に入りグループに登録しておけば、複数の翻訳者を指名する手間も省けます

たまにお客さまからお問い合わせいただくのですが、指名料はこれまでと変わらず無料です!
ぜひ、これを機にお気に入りの翻訳者を指名して、翻訳のご依頼をいただければ幸いです。

お気に入り翻訳者の登録は、こんなときに便利!

過去にご発注いただいた案件の担当者の中からお気に入りの翻訳者を選んで、お気に入り登録をしておくと、2 回目以降のご利用は、ブックマークに登録された翻訳者から、指名したい翻訳者を選ぶことで、その翻訳者に直接依頼できます。同じ翻訳者を担当者に指名すると、訳語・訳質の均一化が図れます。

■ お気に入り翻訳者の登録・指名方法
ご注文をいただいたスピード翻訳案件の詳細画面(納品物の受け取りページ)の下の方にお気に入りと書かれたセクションがあります。もし、この担当者の納品にご満足いただけた場合は、「この翻訳者をお気に入り翻訳者に登録する」のリンクをクリックすると、その担当者はお気に入り翻訳者として登録いただけます。
※ あわせて案件評価いただくと、担当者の励みにもなりますので、ご協力ください

マイページ > 案件詳細ページ

の付いたハートアイコンをクリックしてもお気に入り登録できます

登録いただいたお気に入り翻訳者は、マイページのお気に入り翻訳者リストから確認できます。

マイページ > お気に入り翻訳者リスト

次回以降、翻訳のご依頼をいただく際にサービスの選択で【指名翻訳】をお選びください。次のページで翻訳者指名をしようとしたときに、以下の画面が表示され、お気に入りの翻訳者を担当者として指名できます。

マイページ > 翻訳者・グループの指名

※ お気に入り翻訳者のアイコンの下にある「指名する」のリンクををクリックします

【メモ】 今回のリニューアルで、お気に入りと呼んでいる機能は、これまでのブックマークと呼んでいた機能と同じです

お気に入りグループの登録は、こんなときに便利!

お気に入り翻訳者として追加した翻訳者をグループとしてまとめておくと、そのグループに入っている翻訳者全員を指名できるようになります。グループの名称は自由に変更できるので、ご依頼原稿の専門分野別に翻訳者をグループ分けしたり、言語ペア別にグループ分けしたりできます。

■ お気に入りグループの作成から利用まで

1. お気に入りグループを作成する
マイページにログインし、お気に入りグループリストのページを開きます。
この画面からグループを作成するアイコンをクリックします。

マイページ > お気に入りグループリスト

2. グループに追加する翻訳者を追加
グループに追加する翻訳者は、下記のいずれかの項目から選択できます。

  • すでにお気に入り翻訳者として登録されている翻訳者 : お気に入りタブをクリックして選択
  • 各分野で活躍中の翻訳者 : 翻訳者リストタブをクリックして選択
  • 翻訳者 ID での検索結果 : ID 検索タブをクリックして、翻訳者 ID で検索して、選択

新しく作成したグループは、このまま指名翻訳サービスで、グループとして指名できます。

マイページ > お気に入りグループリスト : グループの作成

3. グループを編集する(オプション)
作成したグループは、必要に応じて以下の編集ができます。

  • グループ名の変更 : 鉛筆アイコンをクリック
  • グループの削除 : ゴミ箱アイコンをクリック
  • グループ所属のメンバーの追加 : 左端の記号のついた人物アイコンをクリック
  • グループ所属のメンバーの削除 : 登録したお気に入り翻訳者のハートアイコンをクリック
マイページ > お気に入りグループリスト : 翻訳者の追加

※ グループの名称を「GROUP 1」(初期設定)から「契約書」に変更した場合のイメージ

4. 指名翻訳サービスでグループを指名する
指名翻訳サービスで、翻訳者・グループの指名をするときに、表示された画面のグループタブをクリックして、登録済みの翻訳者グループを指名(オレンジのアイコンをクリック)します。

指名翻訳 > 翻訳者・グループの指名

指名料は無料!ぜひお試しください!


お盆休み中の営業について(2017)

2017/08/10 | Posted by admin in その他 - (コメントは受け付けていません。)

LOGO

お盆休み中も「スピード翻訳」の「スピード翻訳」、「指名翻訳」のサービスは、無休で営業いたします。

この期間は、翻訳者リソースが減少する可能性があるため、「スピード翻訳」、「指名翻訳」の場合は 2 時間以内に翻訳者が決定せずキャンセルになりやすくなることが想定されます。その際は、再発注も可能ですので、あらかじめご了承ください。

納品までのお時間に余裕のある場合は、納品希望日時を長めに設定することができます。これにより、最大 10 日間まで納期を延長することができます。

基本設定としては、ご発注から最大 2 時間まで担当者からの受注をお待ちしていますが、納期を長めに設定した場合、受注までの待機時間を最大 12 時間まで延長することもできます。納期延長の方法は、こちらをご確認ください。

また、電子メール、お電話、FAX などでのカスタマーサポート業務も通常どおりおこなっております。お問い合わせの内容によっては、ご対応に少々時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。


所変われば、表記も変わる ~ 日付の表記法

2017/07/28 | Posted by admin in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)
'Geek Calrendar' by Maythee Anegboonlap

こんにちは、maki です。ふだんあまり和暦に関心を払っていなくて、「平成何年だっけなー」と言いながら検索しています……。西暦の方が馴染んでいるので、だいたい 2017/07/28 などと書いています。エンジニアに依頼するときは、YYYY/MM/DD 形式でお願いしますーと言ってみたり。

ご存知の方も多いでしょうが、この YYYY(西暦)と MM(月)、DD(日)の表記の順番が、英語……さらには、アメリカとイギリスでも、違います。

表記順
日本 YYYY/MM/DD 2017/07/28
アメリカ MM/DD/YYYY 07/28/2017
イギリス DD/MM/YYYY 28/07/2017

Wikipedia に各国の書式がまとめてありますが、大雑把にまとめると、

  • 日本と同じ : 中国、台湾、韓国、ブータン、モンゴル、イラン、ハンガリー、リトアニア
  • アメリカと同じ : ミクロネシア、マーシャル諸島
  • イギリスと同じ : ヨーロッパの大半(ロシア含む)、中央・東南・西アジア、オセアニア、中南米

……といった分布になるようです。併用している国や地域もあるようです。

いま記載したのは、あくまでも年・月・日の順番だけの分類であり、先に紹介した Wikipedia では、もっと詳しく記載されています。

たとえば、年・月・日の区切り/(半角スラッシュ)を使うのか、あるいは -(半角ハイフン)、.(半角ピリオド)、はたまた 半角スペースを使うのかもこまごまと分かれています。

また、ここまでの説明は、2017/07/28 のように数字で表記する方法でしたが、正書法としては月は単語で表記のようなルールもあったりします。たとえばこんな形。

  • アメリカ : July 28, 2017
  • イギリス : 28 July 2017

おやおや?なにやら、アメリカ式の日と年の間に ,(半角カンマ)が見えますね……。いろいろルールがありすぎですw

他にも、日は序数で表示する(例 : 22 日 = 22nd)だったり、1 桁の場合は先行ゼロをつけない(例 : 1 日 = 1 ≠ 01)といったルールもあったりします。

国や地域の違いだけでなく、分野によっても違いが出ることがあります。これも広い意味での翻訳の範疇に入るローカライゼーションかもしれません。特にご希望のある場合は、翻訳をご依頼の際に担当者へのメモを残すことができますので、「スピード翻訳」 をご活用の際はご検討ください。

おまけ :多少なりともこのエントリーと関連ありそうな過去のエントリー(?) :
メートル法とヤード・ポンド法 / 桁数を揃えるために数字の先頭に書いておく、あの「ゼロ」

IT の世界でのプログラミングにおいては、いろんな言語が存在しますが、各言語ともに国際化対応の下、それぞれの言語でちょっとした工夫(関数とロケールの使用)をすることで、同じ日付に関する値を各言語に対応した表記法に変換できるようにしているみたいですね。翻訳業務にもこんな関数があるといいですね……。
Cf : ORACLE – 国際化対応言語環境の利用ガイド : 日付の形式 / Java – 国際化の概要


コンサルティング力に、英語力が加わり、信頼がより強固に。

2017/07/21 | Posted by admin in 採用事例 - (コメントは受け付けていません。)

導入事例– 株式会社プルークス

読み込みが必要な英語資料の翻訳でも、申し分ないコストパフォーマンス

株式会社プルークスさまアニメーションから実写・CG 制作まで多種多彩な動画制作をし、マーケティングまでリーチするご提案を行っているのが、株式会社プルークスです。

商品紹介、Webサービス紹介、アプリ紹介、ゲーム紹介、会社紹介、採用、イベント・展示会、テレビ CM 等、目的に合わせたさまざまなプロモーション映像を制作。さらにコンテンツの企画から YouTube や Facebook 等への広告配信まで、動画マーケティング全体を支援されています。(http://proox.co.jp/)

企業の課題やサービス概要をしっかりヒアリングし、解決できる映像を提案する点に定評があり、金融、食品、流通、医薬品、求人など、幅広い業界から、年間 1000 本以上のご相談が寄せられています。新規クライアントも年 300 社ペースで増えており、急成長を続けています。

そのようななか、「スピード翻訳」を、さまざまなセクションでご利用いただいております。そこで、代表取締役社長の皆木研二さまに、どのような点でメリットをお感じになっているのかを伺いました。

「スピード翻訳」を導入した経緯を教えてください。

株式会社プルークスさま変化が激しい業界なので、当社では次々と新しいサービスを立ち上げています。それにあたって海外の最新の API を借りることも多くなっており、仕様を調べるときに正確な翻訳がどうしても必要でした。

また、お取引先に海外の企業さまも増えています。今のところ案件の割合は10%ほどですが、今後はさらに伸びる見込みです。その連絡手段としてのメール、事業提携を結ぶ際の文書などは当然英語なので、そこでも翻訳作業が発生しています。

さらに国内のクライアントさまであっても、グローバルに展開されているところは、アジェンダが英語で書かれている場合が多いんです。その都度、オリエンで30分ほど解説してもらうより、事前に翻訳して資料を読み込んでおけば、もっとスムーズに議論に入れると感じていました。

制作物に関しても、規約書、資料、動画のシナリオが英語、という場合があり、業務のいたるところ、あらゆるセクションで翻訳のニーズがありました。そこで、誰でも手軽に使える翻訳サービスを探していたのです。

「スピード翻訳」のどのような点にメリットを感じていらっしゃいますか。

株式会社プルークスさまコストパフォーマンスが、ちょうどよいところにあるんですよ。メールのやり取りや資料の翻訳などは、機械的な自動翻訳でも可能ではあります。しかし、私たちはコンテンツを制作するにあたり、内容を十分に理解し、深掘りしていく必要があったんです。そのときに、細かなニュアンスまで、できるだけ忠実に再現できる翻訳を求めていました。

その一方で、コストは抑えたいし、スピードも大切です。専門の翻訳会社さまはハイクオリティですが、メールベース、資料ベースの翻訳にかける費用としては見合いませんし、時間もそれなりにかかりました。

このような課題を「スピード翻訳」は、一気に解決してくれました。私が利用してきた翻訳サービスの中では、コストとスピードが No.1。従量課金制(最低 100 円から)で、サイト上からすぐに見積もりができ、それを確認した上で、 24 時間 365 日発注できます。

100 文字ほどのちょっとした文章なら、 30 分以内で納品されるというスピード感もありがたいですね。ほぼリアルタイムにクライアントからのメールに返信できますし、現場は納期があるので、できるだけ翻訳の時間は短いほうが、コンテンツ制作にその分、多くの時間をかけられるために大変助かっています。

納品後も、担当者とコメント機能を使ってやりとりできるので、疑問の解消や修正にも対応してもらえて安心です。今では各ディレクターがそれぞれ、必要なときに利用させていただいています。

「スピード翻訳」の活用で、事業に広がりがあったでしょうか。

“英語対応できる”ということが、外資系のクライアントさまからの大きな信頼となっています。

もともと当社は、経営コンサルタント出身のメンバー陣が立ち上げた会社です。そのため、コンテンツだけに立脚するのではなく、ビジネス的な観点から動画マーケティングをご提案してきました。

クライアントさまにとって、ビジネスモデルが理解されていないとストレスが溜まるもの。しかし当社なら、上流からコンサルティング的な立場でお手伝いできます。さらに「スピード翻訳」のおかげで、英語の心配もなくなりました。これによって、発注をいただきやすくなっていますね。

また最近、商品やサービスを動画で探せる「GoooD」(http://goood-b.jp/)という動画メディアを立ち上げました。クライアントさまは、自社が所有している動画を簡単にアップし、自社商品やサービスのアピールすることができます。作った動画を見てもらう機会を増やすことで、動画マーケットをさらに広げていくのが狙いです。

「GoooD」には動画だけでなく、動画の内容や PR をまとめたテキストも合わせて掲載できます。その制作にあたり、テキストの翻訳に「スピード翻訳」を活用します。これによって、グローバルにサービスを展開するクライアントさまのお役に立ちたいと考えています。

今は 12 月ですが、年内に 100 社、来年には 300 社の掲載を見込んでいます。このスピード感でプロジェクトを実現できるのも、コストパフォーマンスの高い「スピード翻訳」があるからこそだと思います。
※ 取材 : 2016/12

「スピード翻訳」に、今後期待することは。

株式会社プルークスさま翻訳会社に依頼するときに悩むのは、求めるクオリティで納品いただけるかどうか、という点です。そのための明確な指標を打ち出してもらえると、もっとお願いしやすくなると感じています。

現在、コンテンツ内のクリエイティブな表現に対する翻訳は、専門の翻訳会社に依頼しています。クライアントさまの業界に対する専門知識も必要なためです。でも、「スピード翻訳」も、このようなクオリティでできる、という指標があれば、コストパフォーマンスは申し分ないので、頼んでみたいと思っています。そのような意味で、ネイティブのチェッカーが入る「コンシェルジュ翻訳」というサービスには興味を持っています。

翻訳のクオリティを担保するものが、実績なのか、依頼件数なのか。そのあたりの判断は難しいと思いますが、ぜひ、検討していただきたいと思います。