「洋風おせち」で迎えるお正月?新たなる具材に縁起を担いでみた

2013/12/27 | Posted by maggy in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)

こんにちは、maggy です。もうすぐお正月ですね。お正月の食べ物といえばおせち料理。皆さんはどんなおせちを準備していますか?

おせち料理の内容は地域や家庭によってさまざまですが、代表的なものとして黒豆、数の子、田作りの祝い肴 3 種、海老、栗きんとん、伊達巻、昆布巻きなどがありますよね。

最近では、ローストビーフハムなどの洋食を取り入れた、和洋折衷なおせちも見かけるようになりました。先日も、東京のフランス料理専門店でフランスおせちなる持ち帰りメニューの広告も目にしました(「予約完売御礼」の文字も)。その広告を見ると、重箱に海老、フォアグラ、テリーヌ、はたまた黒豆をフランス風にアレンジした創作料理などが入っていました。

「黒豆をこんなにオシャレに調理するとは!」と、そのクリエイティビティとセンスに感動。しかし同時に、「おせち料理って、どこまで崩してもいいものやら?」という疑問も湧いてきました。

そもそもこれは「おせち」なのでしょうか? オードブルとは違うのでしょうか? 重箱に入っていて、おせちらしいものが入っている。それでいてお正月に食べるのだから、やはりおせちだと言えましょうか。あくまで洋風なので「Osechi」とローマ字で表記した方がいいのでしょうか。いえいえフランス料理なのだから、フランス語らしい発音で「Où c’est ici」?

時代の変化とクリエイティブなエネルギーに押されて、「おせち」の境界線は毎年揺れ動いているような。そんな動向に目が離せません。

ところで、おせち料理は味そのものだけでなく、健康長寿や五穀豊穣の願が掛けられ、それぞれに意味がありますよね。例えば、こんな具合です。

黒豆  日焼けするほどまめに元気に働けますように
数の子 子宝に恵まれますように
海老 腰が曲がるまで歳をとっても元気でいられますように
栗きんとん (黄金色に輝く財宝にたとえて) 金運に恵まれますように
昆布巻き (「喜ぶ」の語呂合わせで)喜びが訪れますように

和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことは記憶に新しいですが、農林水産省は今年 11 月に、和食の基本を解説したガイドブック『和食(WASHOKU)』を発行しました。

ガイドブックには、ハレの日の料理などに願掛けという機能性を兼ねる慣習があることが、和食は「日本文化」だと言える所以のひとつとして挙げられています。

それでは慣習に倣い、ローストビーフやスモークサーモン、フォアグラなどの新たな具材も、ただおいしいと口に運ぶだけでなく、それぞれに縁起を担いでみたらどうでしょう。

例えばローストビーフは「牛のように強くなりますように」。スモークサーモンは「滝を登る鮭のように、逆境も乗り越えられますように」。フォアグラは「苦しいほどお腹いっぱい食べられるくらい、豊作になりますように」……?

後付けでは、ちょっと苦しいでしょうか。

おまけ :「スピード翻訳 by GMO」の「スピード翻訳」サービスは現在、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語、マレーシア語(マレー語)、タガログ語の全 8 言語に対応しています。来年も多様な文化を持った方々を相手にお仕事をする皆さん、翻訳が必要なときはどうぞご活用ください。
※ コーディネーターがお世話する「コンシェルジュ翻訳」では、58 言語に対応しています(英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、オランダ語、カザフ語、カタルーニャ語、ギリシャ語、スウェーデン語、 スロベニア語、チェコ語、デンマーク語、ノルウェー語、ハンガリー語、マジャル語、フィンランド語、ブルガリア語、ポーランド語、ラテン語、ルーマニア語、クロアチア語、セルビア語、ウクライナ語、エストニア語、アラビア語、 トルコ語、スワヒリ語、ウガンダ語、クルド語、ナイジェリア語、バンバラ語、 ヘブライ語、アシャンテ語、ペルシア語、ヨルバ語、タイ語、タガログ語、ベトナム語、インドネシア語、ジヤワ語、マレー語、モンゴル語、カンボジア語、 クメール語、ミャンマー語、シンハラ語、ネパール語、ヒンディー語、パキスタン語、ウルドウー語、ベンガル語、ラオ語、マラチヒ語、韓国語、中国語)。お気軽にお問い合わせください。

photo : “Osechi: Box 1″ by Masayoshi Sekimura


「ともにパンを食べる仲間」英語の company(会社)の語源

2013/12/25 | Posted by maggy in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)

こんにちは、maggy です。忘年会シーズンまっただなか。飲み会は楽しいものですが、仕事絡みの忘年会が続くと、連日お酒を注いでまわって疲れ気味……。「私はコンパニオンじゃない!」なんて言いたくなることもありますよね。

さて、料亭やホテル、旅館で宴会の席などに出張して接客をする女性を意味するコンパニオンという言葉。これは、もともとは英語の companion = 仲間、友人、連れという言葉から来ています。英語では、食事や旅、仕事など、行動をともにする相手のことを広く指します。

調べてみたところ、語源は後ラテン語の compāniōn で、ともに(com)パン(panis)を食べること(ion)という意味なのだとか。パンには food (食事)という広義の意味もあります。よって、どちらかというとパンに限定せず「compāniōn = ともに食事をすること」といったニュアンスでしょうか(参考:Online Etymology Dictionary – companion)。

英語でパンは bread(ブレッド)と言いますが、日本語ではパンですよね。パンは南蛮貿易でポルトガルからやってきました。ポルトガル語のパン(pão)が語源です。さらに遡ると、ポルトガル語はラテン語の子孫で、後ラテン語のパン(panis)が語源になります。

つまり panis(後ラテン語) >> pão(ポルトガル語) >> パン(日本語)という流れで日本にやってきたのですね。

さて、この companion の語尾にある、行為や状態を表す – ion を、集団を表す – y に代えたのが company(カンパニー) です。「company = ともに(com)パン(panis)を食べる仲間(y)」ということですね。

日本では会社という意味が一番知られていると思いますが 英語で company というと、会社などのビジネスの組織はもちろんですが、(食事など)何か一緒に行動する仲間や集団という意味で、広く使われます。例えばイギリスで友人の誘いで食事や買い物、旅行、会合、その他の用事に付き合うと、「Thank you for your company」や「I really enjoyed your company」などと言われることがあります。語源に近い使い方ですよね。

こうして語源を辿ってみると、お酒を注ぎあい、食べ物を分けあうことは、会社(company)という同じ行動をともにする集団の、時代を越えた本質なのかもしれません。食事とともに喜びも分けあい、繋がりを強めましょう!

photo : “preparing bread” by Hans Splinter


年末年始の営業について(2013 ~ 2014)

2013/12/24 | Posted by admin in お知らせ - (コメントは受け付けていません。)

LOGO

年末年始も「スピード翻訳 byGMO」の「スピード翻訳」、「指名翻訳」、「オークション翻訳」の 3 サービスは、無休で営業いたします ※ 。

ただし、電子メール、お電話、FAX などでのカスタマーサポート業務は下記のスケジュールとなりますので、ご対応に少々時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください(前後の土日も休みとなります。ご注意ください)。

2013/12/30(月) カスタマーサポート業務は、休業
2013/12/31(火) カスタマーサポート業務は、休業
2014/01/01(水) カスタマーサポート業務は、休業
2014/01/02(木) カスタマーサポート業務は、休業
2014/01/03(金) カスタマーサポート業務は、休業

※ 年末年始は、翻訳者リソースが減少する可能性があるため、「スピード翻訳」、「指名翻訳」の場合は 2 時間以内に翻訳者が決定せずキャンセルになりやすくなったり、「オークション翻訳」の場合は入札する翻訳者が少なめになることが想定されます。あらかじめご了承ください

また、翻訳コーディネーターでお受けする「コンシェルジュ翻訳」と「コンシェルジュ校正」の両サービスは、上記期間中、お休みをいただきます。休み明けの 2014/01/06 以降は通常どおりの営業となります。


中国語で「メリー・クリスマス」

2013/12/20 | Posted by liang in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)

'COLLOVATI CLASSIC CHRISTMAS TREE' by David Zellaby

こんにちは!liang です。もうすぐクリスマスですね。中国では、クリスマスは地域によってはそれほど一般的でないようですが、この時期は若い人を中心に盛り上がるようです。

クリスマスに関連する中国語をいくつか紹介します。

【1】 圣诞节 ※「聖誕節」の簡体字

意味は「クリスマス」です。「圣诞」は「イエス・キリストの誕生日」という意味があり(かつては孔子の誕生日を指していた)、「」は記念日を表します。なお、「イエス・キリスト」は「耶稣基督」と書きます。

【2】 圣诞夜

「クリスマスイブ」です。「平安夜」という言い方もあり、これは有名なクリスマス・キャロル『平安夜』(きよしこの夜)から来ています

【3】 圣诞老人

「サンタクロース」です。すぐわかりますね! 「圣诞礼物」(クリスマスプレゼント)を持ってやってきます。プレゼントを詰めるクリスマスの靴下は「圣诞袜」です(「」は靴下の意味)。

【4】 圣诞树 ※「树」は「樹」の簡体字

もちろん「クリスマスツリー」です。クリスマスのデコレーションは「圣诞节的装饰」。

【5】 圣诞蛋糕 ※「蛋」は卵を表す

「クリスマスケーキ」です。「蛋糕」はケーキやカステラの総称です。日本と中国のクリスマスケーキをそれぞれインターネットで画像検索してみると、違いがあって面白いですよ。中国のほうが少し大胆な感じでしょうか?

【6】 圣诞快乐 Shèngdàn kuàilè ※「聖誕快楽」の簡体字

「メリー・クリスマス」です。「ション ダン クヮイ ルー」のように発音します。「快乐」は「幸せを感じる、楽しい」といった意味ですが、日本語の「おめでとう」のようにも使います。クリスマスを祝う言葉はいくつかありますが、これが一番シンプルで、「圣诞贺卡」(クリスマスカード)にもよく使われます。

ちなみに、定番のクリスマス・キャロル『おめでとうクリスマス』(We Wish You a Merry Christmas)は『我们祝你圣诞快乐』と訳されています。YouTube などでこの曲名の動画を検索すれば、中国語の曲を聞くことができますよ。

クリスマスに中国人とやりとりする機会がありましたら、「聖誕快楽!」(ション ダン クヮイ ルー!)を使ってみてはいかがでしょうか

また、お世話になった中国人の知り合いがいるなら、クリスマスのお祝いと新年の挨拶をいっしょにした中国語のカードを送ってあげると喜ばれるでしょう(少々時期が遅めなので、急ぎましょう)。年賀状を送っても、正月に受け取ってもらえるとはかぎりません。
※ 2014 年は、暦どおり 2014/01/01 にスタートしますが、中国のお正月(春節)は旧暦になります(2014 年は 01/31)。

宗教色が出るのが心配であれば、Happy holidays に相当する「节日快乐」という言葉を使ってもいいかもしれません。中国語ができなくても大丈夫です。ウェブ上で手軽に依頼できる翻訳サービスがありますよ。自分で書いた文章をちゃんと訳してほしいという場合には、「スピード翻訳 by GMO」をご利用ください♪

一足早いですが、圣诞快乐并祝新年好!

photo : “COLLOVATI CLASSIC CHRISTMAS TREE” by David Zellaby


マルドワイン、ホットトディ、エッグノッグ…外国に伝わる寒い冬の飲み物

2013/12/18 | Posted by maggy in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)

'Mulled Wine Sign' by jayneandd

こんにちは、maggy です。寒がりなので、冬場は温かい飲み物を机に置いておかないと仕事が進みません。

以前、ミルクティーが好きなことはこちらの記事(「ミルクティー」はイギリスで通じない? – GMO QUICKTRANSLATE says……)に書きました。でももっと本格的に寒くて、「芯から温まりたい!」というときに飲みたくなるのが Mulled wine(マルドワイン)です。

Mulled wine(マルドワイン)はクローブ、ナツメグ、シナモンといった香辛料と、柑橘類のフルーツ、お砂糖を入れたホットワインです。mull という動詞ひと言で、「sweeten, spice and heat a drink(飲み物を甘くしてスパイスを入れ、温めること)」を意味します。いろんな素材が入って、いかにもおいしそうですね

イギリスではクリスマスの時期が近づいてくると、クリスマスマーケットはもちろん、カフェ、レストラン、パブなど、さまざまなところで見かけます。マルドワインの香りをかぐと、クリスマス気分が盛り上がります。身体が温まるので、風邪気味のときにもよく効きます。最近では、日本でもホットワインは人気が出ているみたいですね。

しかしこの体験をスコットランド人に話したところ、あまり共感していない様子。「スコットランドで冬の飲み物といえば hot toddy(ホットトディ)ですね」と、違う飲み物の名前が出てきました。

toddy とはウイスキーやブランデーなどのアルコール飲料に、砂糖やシナモン、柑橘類を加えた飲料のこと。これを温めたのが hot toddy というわけです。寒い日や風邪気味のときにお母さんがよく作ってくれたそうです。さすがスコットランド、ワインではなくウイスキーを使うんですね。見た目はこんな感じ

では、アメリカではこの時期、身体を温めたいときはどんなものを飲むのでしょう。北米では、eggnog(エッグノッグ)という牛乳、ラム酒などのリキュール、クリーム、砂糖、溶き卵にシナモンとナツメグで味を付けた飲み物が広く親しまれているそうです。

もともとイギリスから伝わりましたが、アメリカではワインには関税がかけられていて高かったこと、農場が多く乳製品が豊富だったことから、マルドワインよりも牛乳を使ったエッグノッグの方が一般的に広がったようです。ちなみに nog とは、小さな木彫りのマグカップを指す中英語 noggin に由来すると言われています(詳しくは Wikipedia などをご覧ください)。

エッグノッグは、日本の卵酒に似ていますよね。そのため日本酒ベースの卵酒は sake-nog とも呼ばれることもあるとか。

世界には、他にどんな寒い日の飲み物があるんでしょうか。せっかくなんでも手に入れやすい現代の日本ですから、海外の飲み物も楽しく取り入れて、元気に過ごしましょう!(ただし、飲みすぎにはご注意ください!)

photo : “Mulled Wine Sign” by jayneandd


'Japanese Food' by timtak

こんにちは、maggy です。先日、和食がユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。海外からの注目も高まりそうです。

和食のおいしさの決め手といえば出汁(だし)です。出汁にはギュッとうま味が詰まっていますからね。

この「うま味」が近年、海外で注目されていることをご存知でしたか。名前もそのまま、umami(ウマミ) と呼ばれています。

改めて「うま味」とは何でしょう。「甘味・酸味・塩味・苦味」の 4 つに並ぶ、人間が感知できる基本的な味覚のひとつなんだそうです。うま味成分にはグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸などがあります。それぞれの成分を多く含む代表的な食材として、下記が挙げられます。

グルタミン酸: こんぶ、イワシ、パルメザンチーズ、トマト
イノシン酸: かつお、煮干し、さば、豚肉
グアニル酸: 干し椎茸

出汁をつくるとき、うま味を複数掛け合わせますが、そうしてグンとおいしくしているんですね(これぞ「ウマウマ」ですか?)。

日本人は昔からこの味覚を経験的に認識し、さまざまな料理に活用してきました。「うま味」という名が付けられたのは 1908(明治 41)年のこと。グルタミン酸を発見した東京帝国大学の池田菊苗教授が名付け親で、日本語の「うまい(旨い)」に由来しているそうです。その後、イノシン酸、グアニル酸も日本人によって発見されました。

さて、この「うま味」が海外からの注目されるきっかけとなったのが、それから約 100 年後の 2000 年代。アメリカの科学誌で、「人間の舌には『うま味(umami)』を感知する機能があることが確認された」と発表されました。この出来事は The fifth taste(第 5 の味覚)の発見として海外メディアで話題になりました(詳しくはこちらの The guardian のニュースなどをご覧ください)。

その後、アメリカには 2009 年に Umami Burger(ウマミバーガー)なるチェーン店が登場し、イギリスでは 2010 年に Umami paste(ウマミペースト)なるチューブ型の調味料が登場したとか……。商品名は、第 5 の味覚ということで、そのまま「Taste No 5」です(詳しくはこちらの Daily Mail のニュースなどをご覧ください)。

「うま味」は日本の伝統料理に多く含まれますが、日本食に限ったものではありません。先に見たようにパルメザンチーズトマトなどにも多く含まれています。イギリスのニュースでは「イギリスの食材では、ウスターソースマーマイトに多く含まれる」などと紹介されてます。ただ、この海外でのうま味ブームによって日本食のおいしさの認識が高まっている、という波及効果はありそうですね。

話は戻りまして、和食がユネスコの世界無形文化遺産に登録されたのは、うま味そのものや会席料理といったメニューそれ自体ではありません。食に関する慣習になります。例えば、四季折々の素材を取り入れること、一汁三菜を基本とすること、色どりなど、世代を越えて受け継がれる無形の文化のことなんだそうです。

なんだか「うま味」がひとり歩きしていますが、この注目キーワードの活用しながら、もっと和食の食文化をトータルに海外に発信していきたいですね。

おまけ :「スピード翻訳 by GMO」の「スピード翻訳」サービスでは、和食(日本料理)のお店だけでなく、海外からのお客さまも「お・も・て・な・し」するホテルや飲食店などのメニューやその解説の翻訳のご注文を多数いただいています。食材や成分はもちろん、伝統や成り立ち、慣習などの和食文化も一緒に伝えましょう!

photo : “Japanese Food” by timtak


「Christmassy(クリスマシー)」!クリスマス気分いっぱいな英語

2013/12/11 | Posted by maggy in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)

'Jennifer's Hot Chocolate' by SweetOnVeg

こんにちは、maggy です。寒くなってくると、どうも家にこもりがちになってしまいます。でもこの時期、夜の街を歩くとイルミネーションが美しく、きらびやかなショーウィンドウやクリスマスデコレーションがクリスマスムードを盛り上げてくれます。見ているだけで楽しくなりますね。

「クリスマスらしい」「クリスマスっぽい」といった、クリスマス気分いっぱいの気持ちを表す英語で Christmassy(クリスマシー)という形容詞があります。

Christmas(クリスマス) >> Christmassy(クリスマシー)のように、英語では名詞の語尾に y をついて形容詞にしたりします。

こんなふうに使います。

It’s really Christmassy outside.
外はクリスマスムード満点だ。

Do you know any good Christmassy books?
クリスマスらしい本のおすすめはありますか?

Christmas songs and putting the tree up. I’m finally feeling Christmassy.
クリスマスソングにもみの木。ようやくクリスマスっぽい気分になってきた。

他にもクリスマスらしい形容詞の例を 3 つ集めてみました。

sugar(シュガー) >> sugary(シュガリー) お砂糖のような、甘い
spice(スパイス) >> spicy(スパイシー) ピリッとした
home(ホーム) >> homey/homy(ホーミー) 我が家のような、家庭的な

この時期になると、ケーキを焼いたり、おうちでぬくぬくしたり、homey(ホーミー)なことがしたくなりますよね。……と、結局家にこもりたくなるのでした。

おまけ :「スピード翻訳 by GMO」の「スピード翻訳」サービスは、24 時間 365 日、いつでもオンライン上でお見積りから発注まで承っています。ご自宅、オフィス、お好きなところからご利用ください。

photo : “Jennifer’s Hot Chocolate” by SweetOnVeg


英語のバズワード「twerk」、その人気のワケは?

2013/12/05 | Posted by maggy in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)

'DATABASE at Postmasters, March 2009' by mandiberg

こんにちは、maggy です。先日、「2013 年新語・流行語大賞」(ユーキャン)が発表されました。「今でしょ!」「じぇじぇじぇ」「倍返し」「お・も・て・な・し」の 4 語が、前代未聞の同時受賞とのこと。確かにいずれも今年の世相を異なる角度から表していて、甲乙つけがたかったですね。

英語の流行語について、前回は今年のオクスフォード辞典(Oxford Dictionaries)が選ぶ流行語大賞に輝いた selfie(自撮り)についてご紹介しました。 では、接戦だと言われていた twerk(トゥワーク) はご存知ですか?

twerk とは足を開いて腰を落とし、お尻を激しく振るヒップホップダンスの一種を意味します。今年、新語としてオクスフォード辞典に追加されました。辞書では下記のような定義になったそうです。

dance to popular music in a sexually provocative manner involving thrusting hip movements and a low, squatting stance.

このようなダンスは以前からアフリカにあったらしく、これまでも黒人女性のシンガーを中心に、パフォーマンスに取り入れられてきました。今年の火付け役となったのが、アメリカ出身の歌手マイリー・サイラスです。twerk をふんだんに取り入れた過激なダンスでメディアを賑わせています。twerk といえば、「ああ、あのマイリー・サイラスのお下劣なダンスね(笑)」という認識の人も多いようです。

オクスフォード辞典の調査によると、そのダンスを twerk という言葉で呼ぶようになったのは 20 年前になるそうです。口語のため起源ははっきりとは分かりませんが、オクスフォード辞典は「恐らく work(動く)と twist(ねじる)あるいは twitch(ピクピクと痙攣する)が融合したものではないか」と分析しています(参考:オックスフォード辞典公式ブログ「What is the origin of ‘twerk’?」 )。

なぜこんなにも twerk がバズワードになっているのでしょうか。まずはダンスの動きがおもしろく、真似をして盛り上がれるからだと思われます。YouTube には twerk の仕方を解説するハウツーもののビデオがいくつも公開されています(刺激的な動画もありますのでご注意ください!)。

もうひとつの側面として、私はどうも twerk を使った言葉遊びの流行も背景にあるのではないかと思っています。例えば、ジムなどでエクササイズをすることを、英語では work out(ワークアウト)と言います。これをもじって Twitter で「今日も twerk out しなくちゃ」なんてつぶやいている人を見かけます。

「いろんな言葉を twerk に言い換えてみよう」という言葉遊びも流行っているようです。例えばハロウィーンの決まり文句 Trick or treat(お菓子をくれないといたずらするぞ) >> Twerk or treat など。これからの時期にもっと流行りそうなのは ハッピーサンクスギビング >> Happy twerksgiving メリークリスマス >> Merry Twerkmas でしょうか。

実にくだらないですね。それでいて、いつまでも遊べてしまいそう。ということで皆さん、これからもこのブログを Please keep “twerking” it out!

photo : “DATABASE at Postmasters, March 2009″ by mandiberg


高品質な翻訳は、リピート率85%のスピード翻訳 by GMO

プロ翻訳者の高品質翻訳が 1 文字 6 円から / 無料見積、即時発注可能。分野に精通したプロ翻訳者が、シーンに合わせた翻訳をおこないます。

サービスの特徴、使い方などはこちらから!