スピード翻訳 / 指名翻訳に校正オプションが加わりました

2017/11/15 | Posted by admin in お知らせ | サービス全般 - (コメントは受け付けていません。)

LOGO

スピード翻訳 では、2017/11/15 に既存のスピード翻訳 / 指名翻訳校正オプションという新サービスを追加しました。

校正オプションとは、担当者の納品物(指定言語での訳文)を別の翻訳者・校正者が、誤字 / 不自然な表現などがないかをチェックするサービスとなります。担当者の納品した訳文(英語訳)を英語のネイティブスピーカーやバイリンガルの翻訳者・校正者が、より高品質な翻訳に校正いたします。
※ スピード翻訳サービス / 指名翻訳サービスで、日本語から英語への翻訳をご依頼いただいた場合にのみご利用いただけます

ご利用料金は、スピード翻訳サービス / 指名翻訳サービスの 20% となっております。たとえば、1,000 円の翻訳のご発注に対する校正オプションは、200 円(1,000 円 * 20%)となります。

別の担当者の目からも納品物を確認してもらいたいときなどに、ぜひご活用ください。

ご利用方法

スピード翻訳 / 指名翻訳が納品後に校正オプションがご発注いただけます

マイページ > 案件詳細画面

右図は、スピード翻訳 / 指名翻訳サービスで日英翻訳を依頼し、納品がおこなわれたときの納品物の受け取り画面になります。原文セクションにはお客さまの原稿が表示され、納品文セクションには翻訳者が納品した訳文が表示され、それぞれダウンロードが可能です。

この納品文セクションの下に校正オプションというセクションを設置しています(右図ででハイライトした部分)。ここから翻訳者が納品した翻訳文の校正オプションを発注することができます。校正オプションをご依頼いただく場合は、オレンジ色【校正を依頼する】ボタンをクリックしてください。
※ 校正オプションのご利用料金は、校正元となる案件の 20% となります

お支払いが完了すると、ご発注いただいた案件の詳細画面が見られます。
※ 校正元のご発注(スピード翻訳 / 指名翻訳)の詳細画面とは別のページになります

担当者が決定し、納品がおこなわれたら

マイページ > 案件詳細画面(校正オプション)

校正作業が完了し、担当者から納品がおこなわれれば、案件詳細画面で右図のように表示されます。

  • 原文セクション :
    お客さまから最初にいただいた原文がここに表示されます
  • 校正対象(一次訳)セクション :
    スピード翻訳 / 指名翻訳の担当者の納品した文がここに表示されます。これが校正対象となります
  • 納品文セクション :
    校正オプションの担当者の納品した文(校正結果)がここに表示されます
    【プレビュー】ボタンをクリックすると、左から順に
    • 原文
    • 校正対象
    • 納品文

    ……を並べて閲覧できます。

マイページ > 案件詳細画面(校正オプション)のプレビュー画面

注意事項 :
・MS Word の校正機能のような赤字などでの変更記録はありません
・校正すべき点が存在しない場合は、一次訳と同じものをお返しすることもあります
・校正担当者のリソースの状況により、担当者が決定しない場合もあります
・校正者の指名はできません
・校正者の案件評価は受け付けておりません
・校正オプションが発注できるのは、日本語から英語への翻訳のご依頼のみとなります
・校正のみのサービスはございません

英語で書かれた論文の校正については、コンシェルジュ校正サービスで承っております。こちらは、英語で書かれた学術論文専用のサービスですので、学術誌への投稿をお考えの方にお薦めいたします。


JST、GMT、UTCとは? 英語で押さえるべき日本と世界の標準時

2017/11/02 | Posted by maggy in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)
'World time' by Matisses

こんにちは、maggy です。日本から海外と仕事をするときほど、 時差(time difference)を意識するときはありません。例えば、「午後 1 時に電話します」と言われたら、 それが日本時間の午後 1 時なのか、あるいは相手の国・都市の時間での午後1 時になのかで、話は大違いだからです。

英文メールやチャットで、こんな風に確認されることも。

“Can I call you at 1pm JST?”

そこで頻繁に登場するのが JST です。Japan Standard Time の頭文字を取った略語で、日本標準時のこと。

つまり、質問のその意図するところは、

「日本時間の午後1時に電話してもいいですか。」

と、確認してくれたわけですね。

JST は、JSTM と呼ばれることも。Japan Standard Time Meridian の略語で、Meridian(メリディアン)= 子午線 のこと。そういえば、日本は兵庫県明石市を通る、東経 135 度子午線が日本標準時だって、社会科の授業で習いましたね!

それでは、他国の標準時はどう書くのでしょうか?

イギリスは、グリニッジ天文台を通る経度 0 度のグリニッジ子午線を標準とする、GMT = Greenwich Mean Time = グリニッジ標準時

日本から送った E メールなどの送信日時に [ GMT +09:00 ]と表示されていることがありますが、これはグリニッジ標準時から 9 時間進んでいる、という意味になります。

さらに GMT を調整して、世界共通の標準時と定めたのが、UTC = Universal Time, Coordinated = 協定世界時※。 Coordinated (コーディネーティッド)= 調整された という意味ですが、なんでも GMT をそのまま世界の基準として使ってしまうと、長い目で見ると微妙なズレ(100 年で約 18 秒)が生じるため、人工的に調整する必要があったのだとか(セシウム原子時計を基本にしているらしいです)。
※ 正しくは、Coordinated Universal Time

【 世界の標準時(GMT と UTC) 】

GMT = Greenwich Mean Time = グリニッジ標準時

 ▼ ▼ ▼ (微調整)

UTC = Universal Time, Coordinated = 協定世界時

アメリカは広いので、国の中でタイムゾーンが分かれています。東から順に並べると……

EST = Estern Standard Time = 東部標準時 (GMT -05:00)
 ニューヨーク、ワシントン、ボストンなど

CST = Central Standard Time = 中部標準時 (GMT -06:00)
 シカゴ、ダラス、ヒューストンなど

MST = Mountain Standard Time = 山岳部時間 (GMT -07:00)
 ソルトレークシティ、デンバーなど

PST = Pacific Standard Time = 太平洋標準時 (GMT -08:00)
 シアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルスなど

AKST = AlasKa Standard Time = アラスカ標準時 (GMT -09:00)
 アラスカ州

HST = Hawaii-Aleutian Standard Time = ハワイ・アリューシャン標準時 (GMT -10:00)
 ハワイ州、アリューシャン列島

……となります。アメリカでテレビなどを見ていると、スポーツイベントなどの生中継番組などが、EST 10PM / PST 7PM と予告されることがよくあります。東部標準時(EST)では午後 10 時から、太平洋標準時(PST)では午後 7 時から……ということですね。ライブ中継は、リアルタイムで見ないと意味がないので、こんな告知がおこなわれています。

ヨーロッパは国が密集しているので、エリアでタイムゾーンが分かれています。

CET = Central European Time = 中央ヨーロッパ時間
 フランス、スペイン、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクなど

WET = Western European Time = 西ヨーロッパ時間
 ポルトガル、アイルランド、アイスランドなど

EET = Eastern European Time = 東ヨーロッパ時間
 フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニア、ウクライナ、ルーマニア、モルドバ、ブルガリア、ギリシャなど

インターネットがあれば、世界各地とリアルタイムに仕事ができる時代になったとは言え、 地球と太陽は常に回っているのだと実感させられますね。

さらには、サマータイム(夏時間)を導入しているエリアは、導入時期はそれぞれ下記に変わります。

GMTBST = British Summer Time = 英国夏時間
PSTPDT = Pacific Daylight Time = 太平洋夏時間
MSTMDT = Mountain Daylight Time = 山岳部夏時間
CSTCDT = Central Daylight Time = 中部夏時間
ESTEDT = Eastern Daylight Tiime = 東部夏時間
AKSTAKDT = Alaska Daylight Time = アラスカ夏時間
CETCEST = Central European Summer Time = 中央ヨーロッパ夏時間
WETWEST = Western European Summer Time = 西ヨーロッパ夏時間
EETEEST = Eastern European Summer Time = 東ヨーロッパ夏時間

一部の地域だけご紹介しましたが、かなりややこしいですよね……。地球の自転を意識するどころか、目の前まで回ってきました。
※ ハワイは低緯度地域なので、サマータイムはありません

もっとも、会話ではシンプルに国や都市名を使って、こんな言い方もします。

1pm in UK time = イギリス時間の午後 1 時
1pm in New York time = ニューヨーク時間の午後 1 時

ヨーロッパのサマータイム(summer time)と、アメリカのデイライト・セービング・タイム(daylight savings)の違いは、こちらの記事をご参考ください♪

おまけ :「スピード翻訳」は、翻訳のご依頼を 24 時間 365 日、年中無休で受け付けております。時差も夏時間も関係なく、必要なときはいつでもご依頼ください♪


高品質な翻訳は、リピート率85%のスピード翻訳

プロ翻訳者の高品質翻訳が 1 文字 6 円から / 無料見積、即時発注可能。分野に精通したプロ翻訳者が、シーンに合わせた翻訳をおこないます。

サービスの特徴、使い方などはこちらから!