1 対 1 はマンツーマン? それとも 1 on 1 ? Web 会議で使えるミーティング英語

2020/09/09 | Posted by maggy in 小ネタ - (コメントは受け付けていません。)
'wocintech (microsoft) - 30' by WOCinTech Chat

こんにちは、maggy です。最近は、毎日在宅勤務 = WFH ( Work From Home ) です。Web 会議オンライン会議も、単にミーティングと呼ぶようになった自分に気が付きました。E メールの呼称も、いつしか単にメールになりましたものね(参考: まだ直接会ってはいないけどメールで「はじめまして」は英語で何という?)。

さて、大勢が参加する(オンライン)ミーティングにて一部の人と話が込みあってしまったとき、便利なのがこちらの英語表現。

Let’s talk 1 on 1.
= 1 対 1 で話しましょう。

1 対 1 、つまり一人に一人が対応することを、英語で 1 on 1 = ワンオンワンと言います。

下記のように言い換えることもできます。

Let’s talk about it privately.
= その件については、個別にお話ししましょう。

では、日本でよく聞くマンツーマンは?
英会話スクールの広告などに、1 対 1 のレッスンの意味でマンツーマンレッスンと書いてありますよね。しかし英語で man to man (man-to-man) という表現は存在しますが、率直に話すという別の意味になるのだとか(参考: LEXICO – Definition of Man To Man)。ビジネス英語には使われないので注意しましょう。

英語ネイティブが実際に使う 1 on 1 に似た表現は、他にもあります。

Let’s talk about it offline.
= 会議後に話しましょう。

ここで言うオフラインは、オンライン / オフラインのような、物理的に直接会うことではありません。offline切り離すという意味なので、要は会議後に個別に話しましょうと促されているのです。

返事に便利なのがこちら。

Let’s touch base later.
= 後で連絡を取り合いましょう。
Let’s set up a separate meeting.
= 別の会議を設定しましょう。

touch base連絡を取り合うの意味で、contact と同意の少しこなれた表現です。

日本人の感覚では、オフラインやらタッチベースと言われると、(あれ? 直接会うのかな?)とドキドキしてしまうことも。でも要は、ここで議論を続けないで別途少人数や個別で(オンライン)ミーティングや(E)メールのやりとりをしましょう、ということなのです。

在宅勤務に切り替えてからなんと 6 キロも太ってしまったのもあって、1 on 1 は良いですが face to face = 直接対面 のミーティングは避けたいのが正直なところ……!

おまけ :「スピード翻訳」は日本国内外を問わず、厳選された各分野の専門知識を持ったプロの翻訳者がマンツーマン……改め 、1 on 1 で個別対応いたします。お気に入りの翻訳者をブックマークしておけば、その翻訳者をダイレクトに指名して、翻訳が依頼できます(指名翻訳オプション)。