「返信(返事・返答)が遅くなり申し訳ありません」英語ネイティブはどう言う?

2012/10/09 | Posted by maggy in 小ネタ

'Late' by Photo Extremist

こんにちは、maggy です。3 連休、楽しみましたか? 昨日は「体育の日」ということで、普段はパソコンの前に張り付いている私も、久しぶりに身体を動かしたりして過ごしました。

すっきりした身体と頭で、本日は溜めてしまったメールの返信に取り組んでいます。特に英語のメールは、日本語よりも書くのに時間がかかるので、急ぎでないものは後回しにしてしまいがち。冒頭が、返信が遅くなったことへのお詫びで始まることも多々……。

「返事が遅くなってごめんなさい」「返信にお時間頂戴しまして恐れ入ります」。日本語では、相手との関係性や状況によって、様々な言い方がありますが、英語でもそうです。それでは、英語の場合、どんな言い方があるのでしょうか。

私が実際にやりとりをした英語ネイティブの友人、ホストファミリー、ビジネスパートナーのメールから、ピックアップしてみました。

■ 友人より
  • Sorry for my late reply.
  • Sorry for taking long to write you back.
  • I’m so so sorry for not repling sooner.
  • I am sorry for taking rather a while to reply to it.
■ ホストファミリーより
  • I am sorry I haven’t been in touch for a while.
■ 仕事の取引先より
  • Firstly, I apologise for the delay in replying to you.

こうして並べてみると、ちょっと悲しくなってきましたね……。下記のように、返信が遅れた理由も添えてあると、ていねいで嬉しいですね。

ビジネスメールもプライベートメールも翻訳のご依頼は……
実績で選ぶGMOスピード翻訳

■ 友人より
  • I am sorry for taking rather a while to reply to it. Things have been very hectic since I got back to Edinburgh.
  • Sorry it’s taken so long to write back. My friend left May 1st and I was meaning to write you then.
■ ホストファミリーより
  • I meant to write to you sooner but we have been busy with visitors and going away.
■ 仕事の取引先より
  • Apologies for taking so long to reply but have been away in Australia and have not been keeping up with my email.

下記は、取引先の超多忙なワーキングウーマンからの、1 カ月ぶりのお返事。

■ 仕事の取引先より
  • Please accept my sincere apologies for the delay in responding. There really is no excuse for this bad behaviour.

返信が遅れたことをつらつらと説明すると、場合によっては、言い訳がましく聞こえることもあるかもしれません。このように、理由を言わないのも、潔くていいかも!?

以上、いかがでしたでしょうか。そもそも、あまりメールを溜めなければいいのかもしれませんが、いつもパソコンやスマートフォンに向かっていないで、休むときはしっかり休むことも大切ですよね。返信が遅れたことをお詫びしたいという誠実な気持ちを、相手にとって心地よい英語表現を選んで伝えられれば、ちょっとの遅れくらい、No problem なはずですよ。

さあ、来月の連休まで、がんばっていきましょう!

おまけ : 「スピード翻訳 by GMO」の翻訳サービスにメールやレターの翻訳をご依頼の際は、ぜひ「コメント欄」をご活用くださいね。相手との関係性や状況をコメントで書き添えていただければ、プロの翻訳者がぴったりの表現を選んでくれますよ。

photo : “Late” by Photo Extremist


高品質な翻訳は、リピート率85%のスピード翻訳 by GMO

プロ翻訳者の高品質翻訳が 1 文字 6 円から / 無料見積、即時発注可能。分野に精通したプロ翻訳者が、シーンに合わせた翻訳をおこないます。

サービスの特徴、使い方などはこちらから!

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.