冬将軍来る

2018/01/22 | Posted by maki in 小ネタ
'snowman' by skeeze

こんにちは、maki です。ひさしぶりの投稿です。きょうは、天気予報どおりに東京でも雪が降りはじめました。ここは雪国?と思えるくらいの勢いで降ってますね(@千代田区)。日本海側の豪雪地帯はもうずいぶん前から大雪が降っていますので、「何をいまさら」と言われるかもしれませんが……。東京の交通機関は降雪に弱いので、ちゃんと帰れるか不安です。

NHK の天気予報を見ていると、この季節はシベリア方面から寒気が南下してくるといつも冬将軍のイラストが天気図に表示されますね。と書かれた立物が付いた兜をかぶった戦国時代の武将(寒色系)のような擬人化されたアレです。日本人にとっては、冬将軍というと大体そんなイメージかと思います。
※ 立物(たてもの) = 兜の額や側頭部につける装飾部品のこと
※※ 参照リンク : NHK放送文化研究所 : ことば(放送用語) – ことばウラ・オモテ – 冬将軍

NHK 放送文化研究所の解説では、英語では General Frost(霜将軍)と言う……と書かれていますが、英語版の Wikipedia では、Russian Winter(ロシアの冬)で立項されています(General Winter で検索すると Russian Winter にリダイレクトされます)。そこに列挙された冬将軍の英語表現としては、

General Winter(冬将軍) / General Frost(霜将軍)/ General Snow(雪将軍)

……の順に記載されています。英語では、単純に強烈な寒気や大規模な積雪ではなく、ロシアへの軍事的侵攻を阻んだロシアの厳冬を指す言葉のようです。

Wikipedia - General Winter19 世紀にフランスのナポレオン軍は、冬将軍に撃退されました。そのあたりから、戦況に大きな影響およぼす厳しいロシアの冬を Genral Winter と呼ぶようになったのだとか。左のイラストはナポレオン軍の敗退第一次世界大戦の東部戦線を描いたもののようです。ここにはさっきの英語表現 General Winter と対になる Général Hiver(冬将軍)と書かれています。
hiver (fr.) = winter (en.)

フランス語版の Wikipedia では、Général Hiver で立項されていて、

Hiver Russe(ロシアの冬)/ Général Givre(霜将軍)

……の順に記載されています。
givre (fr.) = frost (en.)

この冬将軍の来襲を懸念して、東京では早めの帰宅をしようとしている人たちが、駅にあふれている模様。もし、こんなときにも早めにこなさなければならない翻訳などごいざいましたら、スピード翻訳をぜひご利用くださいw
たくさんの翻訳者がみなさんのご依頼をお待ちしています♪


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.