高倉健先生一路走好

2014/11/19 | Posted by liang in 小ネタ

'railroad/線路' by Ai Amo

こんにちは、liang です。俳優の高倉健さんが亡くなったという報道がありました。

わたしはあまり映画に詳しくありませんが、主演映画『鉄道員(ぽっぽや)』での演技の素晴らしさにとても感動した記憶があります。

高倉健さん(高仓健 Gāocāng Jiàn/「ガオツァン・ジエン」のように発音)は、中国でも「硬汉」(男らしい、ハードボイルド/「汉」は「漢」の簡体字)の俳優として非常に有名です。

今回の死去のニュースに対して、中国外交部(外務省に相当)は「日中両国間の文化交流を促進するために、重要な、積極的な貢献をした」と高倉健さんをたたえて、「表示哀悼」と、哀悼の意を表しています。

また、日本・中国の合作映画『単騎、千里を走る。』(中国語タイトル : 千里走单骑)で、主演の高倉健さんと一緒に仕事をした張芸謀(チャン・イーモウ)監督をはじめ、中国芸能界の著名人たちが故人との思い出を語っています。

高倉健さん死去のニュースが中国国内で大きく報道されたことから、その死を悼む多くの中国人がインターネット上に

一路走好

という言葉を残しています。これは、「安らかに眠ってください」、「ご冥福をお祈りします」といった意味になります。

一路」は、「道中、道すがら」の意味で、「」は現代中国語では「走る」ではなく「歩く、離れる」という意味です。「走好」は人を見送るときに「お気をつけて」と言う場合に使います。

一路走好」(「イールー ゾウハオ」のように発音)という言葉はシンプルですが、故人に対する優しさが素直に伝わる、前向きで温かい言葉ですね

高仓健先生,一路走好。

photo : “railroad/線路” by Ai Amo


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.