「雨の降り方」のさまざまな英語表現

2014/06/19 | Posted by maggy in 小ネタ

'Rain' by Moyan Brenn

こんにちは、maggy です。日本は梅雨まっただ中。ただ、今年の関東地方の梅雨は、例年と少し違って、雨の日はそんなに多くないようですね。でも、降れば豪雨になることが多いというのは困りものです。ムシムシ、ジメジメ、体調や臭い、髪のうねりが気になる季節ですが、なんといっても一番気になるのは空模様ではないでしょうか。

雨が降っていることは、英語で “It’s raining.” など、raining(雨が降る) が最も基本的な表現ですが、その他にも雨の降り方を表す言葉がたくさんあることはご存知ですか。

空模様をよく観察して、いろんな表現を使ってみましょう。

sprinkling = ぱらぱら雨
※ sprinkle は他動詞で「まき散らす」ことで、庭に散水する「スプリンクラー(sprinkler)」もここから来ています。

drizzling = しとしと雨

showering = にわか雨

pouring = 土砂降りの雨

driving rain = 横殴りの雨

storming = 暴風雨

わたしは現在、アイルランドに滞在していますが、年間降水量はそれほどでもないものの雨や降ったり止んだりとせわしないです。最近こそ天気の良い日が続いていますが、少し前まで毎朝のラジオに、上記のような実に多様な表現が出てきました。さもなければ、今日の午前は raining、午後も raining……と、つまらないニュースになってしまいますものね。

“driving rain” という予報を聞いた日、強風に雨が吹きつけられる様子を見て、「なるほど、これが driving rain か!」と納得。ぴったりの言葉で空模様を表せたら、少しはスッキリした気持ちになるかもしれません。

おまけ :翻訳作業が大雨のように降ってきて大変という方は、「スピード翻訳」の「スピード翻訳」サービスをご利用ください。

photo : “Rain” by Moyan Brenn


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.