中国語の「愛人」「人間」「翻訳」はどういう意味?

2014/04/30 | Posted by liang in 小ネタ

'chawan 茶碗' by yellow_pine

こんにちは!liang です。たとえ中国語を学んだことがなくても、中国語で書かれた文章を見れば「日本語と中国語には漢字の共通する単語がある」ということに気付くと思います(字形の違いはありますが)。

文学」「温泉」などのように、日本語と中国語で意味がほとんど同じものなら問題はないのですが、意味や用法が微妙にあるいはまったく異なるものや、意味の範囲が違うものなどがあるので、中国語でこういった単語を使う際には注意が必要になります。

よく挙げられる有名な例を見てみましょう。

手紙」(簡体字では「手纸」)は、中国語ではトイレットペーパーという意味で、日本語とだいぶ違います。手紙は中国語で「」と言います。

愛人」(爱人)は、中国語では配偶者(妻や夫)、あるいは恋人を指します。愛人は中国語で「情夫」「情妇」、あるいは「第三者」などと言います(「」は「婦」の簡体字)。

汽車」(汽车)は、中国語では自動車を指します。中国語で汽車は「火车」と言います。

こういったものは同形異義語と呼ばれ、数多くあります。「外国語なのだから、漢字が共通するからといって意味も同じとは限らない」ということを理解していれば、たとえば日本語があまり得意でない中国人男性が、日本語で「これはわたしの愛人です」と言って女性を紹介してきたら、「この『あいじん』は中国語の同形の単語を誤って使用しているのかもしれないな」と推測することもできます。そもそも他人に自分の愛人を紹介するケースはまれでしょうけれども……。

ほかの例も見てみましょう。

【1】 工夫

中国語では「時間」「ひま」の意味で使います。「くふう」にぴったり対応する中国語は見当たらず、ケースによって「方法」「頭を使う」などといった意味の中国語で表します。

【2】 合同

中国語では「契約」の意味で使います。中国ビジネスをやっている人には常識かもしれませんね。「ごうどう」は、「联合」(「」は「聯」の簡体字)などを使います。

【3】 新聞(新闻)

中国語では「ニュース」の意味で使います。紙の新聞は、「报纸」(報紙)を使います。

【4】 人間(人间)

中国語では「この世」「世間」などの意味で使います。「にんげん」は、「」や「人类」(人類)を使います。

【5】 講義(讲义)

中国語では授業のために作られた教材、(学生に配布される)講義プリントなどの意味で使います。講義(授業)は「」(課)、講義することは「讲课」(講課)と言います。

【6】 茶碗

中国語では茶飲み茶碗や湯飲みの意味で使います。ご飯茶碗は区別して「饭碗」(飯碗)と言います。日本語で両者を厳密に区別しないのは、お茶を飲むのもご飯を食べるのも同じ碗を使う(使っていた)からでしょうか。個人的には、ご飯を食べる器を茶碗と呼ぶことに少し違和感があります。

【7】 審判員(审判员)

中国語では判事や裁判官の意味で使います。スポーツの審判員のことは「裁判」あるいは「裁判员」(裁判員)と言います。日本語と中国語で意味が逆ですね。そういえば、以前中国人の友人が日本語で「あの試合は『裁判』が良くなかった」と言っていました。中国語(母語)の単語を日本語(外国語)にそのまま使ってしまうと、こういうこともあります。日本人も同様の失敗をすることでしょう。わからない単語があるなら、むしろ英語を拝借したほうが誤解がないかもしれませんね

【8】 翻訳(翻译)

「外国語を翻訳する」という場合の「翻訳」は、日本語(とくに外国語関連業界)では文章に対して用いますが、現代中国語では音声による通訳も「翻译」です。翻訳と通訳を区別して表すときは翻訳を「笔译」(筆訳)、通訳を「口译」(口訳)と言います。『精選版 日本国語大辞典』(小学館)によれば、通訳は「通事」「通弁」に代わって主として明治時代から用いられるようになった言葉だそうですが、「翻訳が文字で通訳が音声」という現在の分類表記は、一般人には少々わかりにくいような気もします。なお、「翻译」は職業としての翻訳者、通訳者も表します。

翻訳(あるいは通訳)の仕事にはさまざまなレベルがあります。大きな責任を伴わない案件であればいいのですが、日本語と中国語の間には、同形異義語のように注意しなければならないポイントがたくさんあります。契約書などの重要な文書はもちろん、正確さが要求される翻訳案件は、自信がないのに自分でやってしまうよりも、お金はかかりますがプロに依頼したほうが安心です。プロが翻訳した文書は、担当業務用にカスタマイズされた優れた語学教材にもなりますから、授業料だと思えばリーズナブルではないでしょうか。

photo : “chawan 茶碗” by yellow_pine


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.