1 分で覚えられる中国語の日付と曜日の書き方

2013/01/28 | Posted by liang in 小ネタ

'Chinese calendar' by Mashimo9000

こんにちは!liang です。わたしは物覚えが悪いので、学生のときに英語で「~月」や「~曜日」を覚えるのにとても苦労しました。いまでも Wednesday と書くときには思考が一瞬停止するのを感じます。

中国語の日付や曜日の書き方は、日本人にとってはとても簡単で、中国語がわからなくてもすぐに覚えられます。簡単に紹介しましょう。

中国語の年月日は、たとえば「2013 年 1 月 24 日」のように書きます。漢数字で書く場合もありますが、日本語と同じですね。はい、これで年月日の説明は終わりです。

曜日の書き方は日本語と異なっていますが、日本語よりも簡単です。月曜日は「星期一」(「星新一」ではありません)で、土曜日は「星期六」です。では、火曜日から金曜日までと日曜日はどう書くのでしょうか? まとめて見てみましょう。

  • 月曜日: 星期一
  • 火曜日: 星期二
  • 水曜日: 星期三
  • 木曜日: 星期四
  • 金曜日: 星期五
  • 土曜日: 星期六
  • 日曜日: 星期日星期天

日曜日だけは特別で、「星期日」あるいは「星期天」と書きますが、とてもシンプルですよね。日本語の「曜日」にあたる「星期 xīngqī」さえ覚えれば、あとは楽勝です!

こんなに覚えやすいのですが、中国語の会話の中で曜日が登場すると、物覚えが悪いわたしの頭は「『星期四』だって? 木曜日だったかな……。4 番目だから、月、火、水、木で、たしかに木曜日だ」という面倒なプロセスを(一瞬)必要とします。中国に滞在していたときは、この面倒なプロセスはあまり発生しなかったようにも感じますが……。

いまは「平日に出勤して週末に休む」という規律ある生活ではなく、曜日にあまり依存しない不規則な日々を送っているので、そもそも曜日の感覚自体がとても薄くなってしまいました。

おまけ :写真に出ている「初九日」の「初」は「第 1 回の」というような意味で、旧暦の毎月 1~10 日の前につけます。ですから「初九日」は旧暦の 9 日になりますね。

photo : “Chinese calendar” by Mashimo9000


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.