ボクシング・デーとは? イギリスでひと足早い冬のバーゲン

2012/12/26 | Posted by maggy in 小ネタ

'11am Boxing Day Sale' by I See Modern Britain

こんにちは、maggy です。日本では 12 月 25 日を過ぎたら一気に年末モードですが、イギリスやオーストラリアなどの国々では、クリスマスの翌日はボクシング・デーBoxing Day)という祝日です。

ボクシングといっても、スポーツではありません。ボクシング・デーは、もともとはクリスマスも仕事をしなければならなかった使用人や郵便配達員のための休日で、彼らにも箱(Box)に入れた贈り物が渡されたことに由来するとか。

ボクシング・デーは、冬のバーゲンセールが始まる日としても有名です。わたしも数年前、ロンドンのオクスフォード・ストリートでこのバーゲンに参戦したことがあります。ストリートは袋をいくつも下げた人々でごった返し、少しずつしか歩けないほど大盛況でした。

(とっても余談ですが、イギリス人の女の子2人組が、バーゲンで手に入れたといって、テカテカのマッチョな男の写真集を路上で見せ合って大興奮しているのを見たとき、ここは海外なんだな、と心から実感いたしました)

イギリスの冬の風物詩とも言えましょう、このボクシング・デーのバーゲン。しかし、今年のイギリスは例年とはちょっと違った様子のようです。

今年は、各社がネットでオンライン・セールを、しかもクリスマス・イブからスタートしたそうです。ちょっと Twitter をチェックしてみたら、聖なる夜なのに、ずっと欲しかったあのアイテムが、「最大 70 % オフのチャンス! 早い者勝ち」なんて書いてあるのを見たら、きっと気になって仕方がないですよね。

「クリスマスという家族と過ごす大切な時間が、インターネットに奪われてしまうのでは」という懸念から、「昔はラジオの前に座っていたのが、iPad やスマートフォンといったガジェットに代わっただけ。ショッピングに出かけるのとは違うので、取り立てて騒ぐほどのことじゃない」といったものまで、さまざまな議論が交わされたようです(詳しく知りたい方は、こちらのニュースをご覧ください。Retailers kickstart Boxing Day sales … on Christmas Eve | Business | guardian.co.uk)。

結局、イギリスの皆さんはどのように過ごしたのでしょうね。ここ数年、年末年始に実家に帰っても、お正月のオンライン・セールをのぞいては、マウスやタブレットをボクシングのごとく連打しているわたしにとって、これは他人事ではないニュース。もっとも、福袋を買いに出かけるより楽ですし、家族とどっちがいいかなんてワイワイ話して、なかなかいい時間が過ごせるんですけどね。

どんな風に過ごされるにしても、年末年始が皆さんにとっていい時間になりますように!

photo : “11am Boxing Day Sale” by I See Modern Britain


You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.